【新型フィアット500X発表会】装備充実もエントリーモデルはわずか5万円アップに抑えた新型500X

clicccar / 2019年5月11日 17時3分

2015年10月に日本に導入されたフィアット初のスモールSUVが500Xです。日本でも扱いやすいモデルとして人気の500Xがマイナーチェンジしました。

今回のマイナーチェンジの最大のポイントはエンジンの変更です。従来搭載されていたエンジンは1.4リットルでしたが、今回新たに採用されたエンジンは1.3リットルとなりました。排気量は0.1リットル減っていますが、最高出力は11馬力アップの151馬力、最大トルクは40Nmアップの270Nmに性能を向上。さらに燃費もアップ、ノイズや振動は低減されました。

エクステリアでは前後バンパーのデザインを変更したうえでルーフレールを採用し、よりSUVらしいスタイリングにブラッシュアップしています。ベーシックモデル(マイチェン前は500Xポップスター、新型は500X)では、フロントシートヒーターやリヤパーキングカメラも採用されました。

一方、装備面で省略となったのが前席のアームレスト、パドルスイッチ、プライバシーガラスなどですが、使い勝手には大きな差は生まれないでしょう。ホイールは従来の17インチから16インチに小径化されましたが、タイヤ交換時やスタッドレスタイヤ使用時のコストを抑えることができるでしょう。

ベーシックモデルの価格は5万円アップに抑えられ293万円となっています。

上級モデル(マイチェン前は500Xポップスタープラス、新型は500Xクロス)も新エンジンの採用や前後バンパーの変更、ルーフレールの採用に加えて、フロントパーキングセンサーの採用や前席シートヒーターの採用などが行われました。従来バイキセノンだったヘッドライトはLEDに変更。TFTメーターディスプレイも採用されました。さらにパドルシフト、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニターなども採用されています。ホイールは18インチから17インチにダウンされました。価格は17万円アップの334万円となりました。

(文・諸星陽一/写真・長野達郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング