レクサス「RC350 F SPORT」は心地いい重さも感じられる大人のクーペ【井出有治・試乗】

clicccar / 2019年6月11日 11時3分

2018年10月にマイナーチェンジしたレクサス「RC」シリーズの「RC350 F SPORT」を井出有治チェック!です。

富士スピードウェイGPコースを全開テストした、じゃじゃ馬な「RC F」の弟分的なレクサス・クーペを、井出有治さんはどう感じたのでしょう?


■ ■大人のスポーツクーペはしっかりボディがイイ!

この日、自身初めてのレクサス車試乗になったのですが、先に乗った「RC Fパフォーマンスパッケージ」がV8轟くじゃじゃ馬な面白さだったため、ボクが思っていた「お上品なレクサス」というブランド・イメージが崩れてしまったのですが(笑)、この「RC350 F SPORT」はイメージ通りのお上品なレクサスの中に、スポーティさを加味した大人のクーペっていう感じが第一印象です。

乗ってみてまず感じたのは、ステアリングを切ったときの手に伝わる感覚。これがいい意味で重さを感じられるので、タイヤからのインフォメーションも分かりやすいです。

また、高級車にありがちなステアリングを切ったときの適度な重さとダイレクト感…、このクルマはそのへんもキチっとしていて、高級車らしくすべてがダイレクトではあるのですが、かといってそれが過敏な感じではないので「高級車に乗ってる~!」っていうフィーリングがイイ具合に伝わってきますね。

ボディ剛性もあるし足まわりのしっかり感もいいですねぇ。なので318psが物足りない感じ! でもまぁ一般道を走るのには十分なパワーだし、トータルバランスとしてはとれているのかな。

■ちょ~っと攻めてみました!

レクサスがそうなのか、RCだからなのか…なにせボク、初めてのレクサス体験なので分からないんですけど…。

GPコースを走った「RC F」もそうだったんですが、他メーカーのクルマに比べてステアリングを切ったことに対してフロントが入ろう入ろうとしてくれる、それがイイ感じなのです。フワフワ感もないし、切ったときに車体がロールして動いて曲がろうとするのではなく、スーッと入ってくれるんですよ。

それが「変に足にハリがあり過ぎてゴツゴツ感のあるレスポンスの良さ」というのではなく、しっかり感もある中でコシもあり、サスペンションもしっかり動いて路面を捉えている、これがいい意味での重さ、ずっしり感につながるんです。

ブレーキも結構な強さで踏んでみましたけど、クルマの剛性感がしっかりしているしブレーキもしっかり効いてくれるので、ホント、いろんな意味で余裕をもって走らせられるし、走っていても余裕を感じられます。それが「さすがレクサス! ハイグレードなクルマ」っていう風に思わせてくれるんですね。

V6エンジンも、アクセル開度に合わせたパワーの出方もリニアで、自分の運転する感覚に添ったカタチで押していってくれるので、ストレスなく乗れるかなと思います。でもちょ~っとパワーが…足りないかなぁ!

■欲を言えば「モアパワー!」、だけどスタイリングは気に入ってます!

賛否両論のスピンドルグリル含め、基本が大人な感じのデザインがベースで、その中にスポーティ感を出しているという感じのスタイリングはカッコイイと思います。変にヤンチャ過ぎてもいないしね。

シートも柔らか過ぎず…ン~っとね、ドイツ系のソファに座った感じ…って分かる?(笑) ある程度ハリがあり、ヘンにフカフカしていない、あの感じ。ホールド性もちゃんとあるし。

でも、やっぱりあと100psくらいあればなぁ~!

(試乗:井出 有治/文:永光 やすの/画像:中野 幸次)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング