VW・ゴルフ ベースのテスト車両をキャッチ。わずかなヒントから見えた正体とは?

clicccar / 2019年6月13日 18時33分

■ ●リフトアップしたボディがヒント?

VWの謎のプロトタイプをカメラが捉えました。現行ゴルフをベースにしたテスト車両ですが、プロトタイプに見られるわずかなヒントからその正体を検証します。

捉えたテスト車両は、現行ゴルフと比較して僅かにリフトアップされ、前後フェンダーエクステンションが広いトラックを隠そうとしているようです。

さらにCピラーが短いように見えるほか、テールライトやバンパーもカットされています。また作動しているエキゾーストパイプから内燃機関であることも間違いなさそうです。

以上のことからプロトタイプの正体を推測すると、一番近い新型「ゴルフ」は、すでにフルヌードに近い開発車輌を捉えているうえ、発表が近づいているためその可能性は排除されます。

続いて「ティグアン」次期型が浮かび上がりますが、ゴルフより短いように見えるボディに加え、現行モデル発売から3年しか経過しておらず時期尚早と言えそうです。

残る可能性として、リフトアップされていることから「ゴルフ オールトラック」、または同ブランドが3月のメディアカンファレンスで存在を示唆した欧州BセグメントのクロスオーバーSUV「B-SUV 5 Seater」あたりと思われます。

これは「MQB」プラットフォームを採用した「ポロ」の下位に位置する5人乗りのコンパクトSUVで、「Tクロス」とは異なるオールニューモデルです。この可能性が一番高いと見られる反面、発表は2019年内ともアナウンスされており、テストミュールでの開発は遅すぎるとも思えます。

現段階でこのプロトタイプの正体は断定できませんが、VWがSUVラインアップのさらなる強化に向かっていることだけは確かなようです。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング