なにか?が違う「令和の免許証」表記…どう変わった?

clicccar / 2019年6月18日 11時3分

■ ■あれ…あら! 令和の免許証には西暦も表記されている!!

・さらにレアな「西暦+平成」バージョンもあるって!?

ある日の仕事中に、スターレーサー「谷口信輝」さんのアメブロを見ていたら、GOLDになったという「令和の免許証」が目に入ってきました。

あぁ~この間お誕生日だったものね~。GOLD? 奇跡だわ(笑)!とか思いながら更にボ~ッと免許証の画像を見ていると…ン? なんか違う?? 何だろ???

普段、自分の免許証をマジマジと見ることなんかそんなにないので、ドコがどう違うのか最初は分からず。で、自分の免許証と見比べてみました。

正解は「免許の有効期限欄に西暦表記がある!」でした。

確かに分かりやすいですね。私の免許証の場合、「次の書き換えの平成32年って…いつヨ?」と一瞬ちょっと迷うもの。

この「20○○年(令和○○年)」と西暦も併記されるようになったのは、ゴールデンウイーク後の2019年(令和01年)5月5日以降の更新手続きから交付されているのだそうです(警視庁の場合です。谷口さんの神奈川県も5月5日より交付されていますが、地方によって交付日はまちまちだそうです)。

今のところ交付スタートからまだ1ヵ月半ほどしか経っていないので、「西暦+令和」表記はレアな免許証っていうことですね。なんかいいなぁ谷口さん! そういえば、文字数が多いので字も小さくなっていますね。ちょっと長体かかってるかな?

しかし、さらにレアな免許証も存在していることが発覚しました。残念ながら今のところ実物を入手(見る)ことはできませんでしたが、2019年3月15日~4月28日の期間に免許更新をした方は「20○○年(平成○○年)」という「西暦+平成」ものが存在しているそうです(これも警視庁分)。超レアものです! でも、谷口さんファンにとっては、この『谷口信輝免許証』を見るほうが「激レア」なのかな?(笑)

でもなんででしょうね? すでに次期元号は「令和」だって分かっているのに(令和は4月1日に発表されましたね)「平成」と表記するのって…。令和になっていないのに「令和」って表記しちゃいけない…とかあるんでしょうか。

じゃ、2019年4月29日~5月4日に書き換えた方はどーなってんの?と思ったら、この間は更新手続きが出来なかったそうです。へぇ~。

平成表記のみの免許証の方、更新手続きのお間違いが無いように早見表を貼っときますね!

・今後は旧姓の併記もできるようになる…そうです

というように、令和スタートと共に免許証の記載方法も変わったのですが、2019年はさらに変更がある予定だとのこと。それは、「旧姓も併記できる」ようになるのだそうです。

政府の「女性の活躍を推進する」活動の中、2019年11月5日より希望者には住民票の旧姓併記がスタートするのに伴い、免許証にも旧姓を併記する準備を進めているとのことです。ン~…なんだか免許証がゴチャゴチャになりそうな感じがします。でもこれ、住民票と同じように希望者だけだそうですよ。

っていうことは、免許証の氏名の欄が「○○康乃(旧姓永光)」なんて感じになるんでしょうかねぇ…いつか、希望すれば。

(永光 やすの/画像提供感謝:谷口信輝)

【関連リンク】

谷口信輝オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/nob-taniguchi/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング