BMWのフラッグシップ、625ps/750Nmの4.4L V8ターボを積む新型「BMW M8」が登場!! 価格は2230万円〜

clicccar / 2019年6月25日 19時0分

■ ■後輪駆動重視の4WD採用で0-100km/h加速は3.2秒を達成!

2018年11月に日本デビューを果たしたBMW 8シリーズ クーペは、7シリーズなどと同じプラットフォームを使い、ワイド&ローの大型ラグジュアリークーペに仕立てられています。

「M」の名が冠された新型「M8」は、本格的なサーキット走行に加えて、公道走行を可能としたBMW Mシリーズの最上級クーペです。2019年6月25日から受注が開始され、12月以降順次納車をスタートします。価格はBMW M8が2230万円、BMW M8 Competitionが2433万円です。

(写真はすべてM8 Competition)

ボディサイズは全長4867×全幅1907×全高1362mm、ホイールベースは2827mm。パワートレーンは、M社が開発したエンジンの中でも最もパワフルな4.4L V8 Mツインパワーターボに、ドライブロジック付8速Mステップトロニック、4WDのM xDriveが組み合わされています。

自慢のV8ターボには、直噴システムを最大350barまで高めることで、高効率な燃焼を可能にしているほか、サーキット走行を想定し、オイル供給用に小型のオイルチャンバーを搭載することで、横方向、前後方向に強い負荷がかかる状態でもオイルが供給できる仕掛けも用意されています。

上級の「M8 Competition」には、専用チューンが施されたエンジンを搭載。最高出力は625ps/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5800rpmという圧倒的なスペックで、0-100km/h加速は3.2秒を達成。また、極めて硬いエンジンマウントを採用することで、より直接的な動力伝達が可能になるそうです。

●M社開発の4輪駆動システムは前後を無段階にトルク配分


M5で初めて採用されたインテリジェント4輪駆動システムの「M xDrive」は、駆動トルクを無段階で前後に可変配分するシステムです。通常は後輪へのトルク配分を重視し、フロントには車両を安定させるタイミングを見極めて配分、さらに「アクティブMディファレンシャル」が後輪左右間のトルクを最適化して振り分ける仕組みとなっています。

新型M8では、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)の介入を抑制することで、駆動力を推進方向に極力割り振っているそうです。さらに、前後駆動力配分を初期設定の4WDモード、ほぼ後輪駆動に近い4WD SPORT、DSCオフモードで完全なFRになる2WDモードを用意しています。

ブレーキには、BMW Mモデル初採用となるM専用インテグレーテッド・ブレーキシステムが搭載されます。これはアクセル全開時でも安定した制動力を確保するために開発されたもので、非バキューム式のブレーキブースター採用などにより、約2kgの軽量化も実現しています。さらに、快適性を重視したCOMFORT、素早い反応を示すSPORTの2モードをブレーキにも用意。

内装は、8シリーズ クーペのラグジュアリーな雰囲気に、Mモデルらしいレーシーなムードが演出されています。Mレザーステアリングホイールに赤いMボタン、センターコンソールにも赤のスタート/ストップボタンが配されるほか、新デザインのセレクターレバーには、MのロゴとMカラーのステッチが施されています。

【主要諸元(ヨーロッパ仕様値)】
BMW M8
全長×全幅×全高:4,867×1,907×1,362mm
ホイールベース:2,827mm
車両重量:1,885kg
エンジン種類:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:4,395cc
最高出力:600ps(441kW)/6,000rpm[625ps(460kW)/6,000rpm]
最大トルク:750Nm/1,800-5,600rpm[750Nm/1,800-5,800rpm]
トランスミッション:8速AT
※[ ]はCompetitionモデル。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング