【新車】「SVO」のボディキットが際立つスペシャル仕様。 「RANGE ROVER SVO DESIGN EDITION 2019」が15台限定で登場

clicccar / 2019年7月20日 12時33分

■ ●スペシャルなエクステリアの「RANGE ROVER SVO DESIGN EDITION 2019」

レンジローバーの最上級SUVに君臨する「RANGE ROVER(レンジローバー)」。ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、特別仕様車「RANGE ROVER SVO DESIGN EDITION 2019」を2019年7月18日から15台限定で受注を開始しました。

「RANGE ROVER SVO DESIGN EDITION 2019」は「RANGE ROVER VOGUE」がベース。ランドローバーのハイパフォーマンス・モデルやビスポークオーダー、レストアなどを専門に手がける「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」が設計・開発したボディキット「SVOデザインパック」が装備されたスペシャルな仕様になっています。エンジンは3.0L V型6気筒ディーゼルターボを搭載。

フロントバンパーをはじめ、フロントグリル、サイドベント、サイドシル・クローティング、リヤバンパー(インテグレーテッド・テールパイプ)からなる「SVOデザインパック」に加えて、コントラストルーフやブラックエクステリアパック、22インチの9スプリットスポークスタイル 9012アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)を組み合わせ。黒で引き締められたエクステリアにより「RANGE ROVER」の精悍なスタイリングがより強調されています。

内外色の組み合わせは、「バイロン・ブルー」のエクステリアに「ネイビー&アイボリー」のインテリア、「コリス・グレイ」の外装色に「エスプレッソ&アーモンド」の内装色、「フジ・ホワイト」のボディカラーに「エボニー&アイボリー」のインテリアカラーの3パターンが用意されています。

装備も充実していて、電動サイドステップ、フロントシートのクーラーボックス、20ウェイ電動シート(前席シートクーラー&ヒーター、後席後席電動リクライニング&ヒーター付)、「Android Auto」や「Apple CarPlay」に対応する「スマートフォンパック」を装備、快適性と利便性がさらに高くなっています。

安全装備・ドライバーサポート機能では、レーンキープアシスト、アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト、ステアリングアシスト付)、360°サラウンドカメラ、パークアシスト機能を含むドライバーアシストパックも搭載されています。

「RANGE ROVER SVO DESIGN EDITION 2019」の価格は、18,747,277円です。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング