レアなスクープショット公開! アウディ・A5を過激チューン。503馬力の「RS5 R」をキャッチ

clicccar / 2019年8月3日 14時3分

■ ●社外チューニングメーカーが最新モデルをベースに同時開発

アウディは、現在ミドルクラス「A5」ファミリーの改良型を開発していますが、そのチューニングモデル「RS5 R」のプロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

「RS5 R」は、ドイツの老舗チューニングメーカー「ABT」が「A5」をベースに発売した最強モデルです。

メーカー純正のハイチューンモデルであるメルセデス「AMG」やBMW「M」開発車両は日々スクープされていますが、社外チューニングメーカーの開発車両は非常にレアなスクープ写真といえます。

そもそも、社外チューニングメーカーが本家の改良型に合わせて開発すること自体が珍しく、それだけアウディに力を入れている証拠でしょう。

パワートレインは「RS5」に搭載されている2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンをブーストアップし、最高出力はベースモデル比で+80psの530psに、最大トルクは+80Nmの680Nmへ向上しています。0-100km/h加速は3.9秒から3.6秒と、圧巻のパフォーマンスを誇ります。

捉えたプロトタイプはボディをローダウンし、リップスポイラー、グリル、コーナーエアインテーク、リアスポイラーを装備するほか、通気口を備えるABT Areo Packフロントホイールハウスなどが再設計されており、よりアグレッシブなエクステリアとなりそうです。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング