東京都とオリックス自動車がトヨタ・MIRAIのカーシェアリングをスタート

clicccar / 2019年8月8日 6時3分

■ ●トヨタ・MIRAI のレンタカーがガソリン車より安く借りられる?

トヨタ自動車が2014年に発売した、水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、 CO2(二酸化炭素)を排出しない燃料電池車(FCV)「トヨタMIRAI(ミライ)」。

地球に優しい環境車ながら車両価格が700万円超ということもあり、普及面で課題を抱えるなか、東京都とオリックス自動車が2020年1月から都内で同車を利用したカーシェアリングをスタートさせるそうです。都が運営費を一部負担することで、ガソリン車より安く借りられるようにする模様。

東京五輪・パラリンピックに向けて環境への配慮をアピールする考えのようで、日経新聞によると、都内のカーシェア拠点に「トヨタ MIRAI」を配備するようです。都は都内の新車販売に占めるFCVやEVの割合を、2030年までに5割へ引き上げる目標を掲げており、同活動を2021年3月まで継続するそう。

こうした都の活動がFCVを試してみる良い機会になると共に、今後新たに登場するであろうFCVの販売増に繋がるかが注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング