トミカ50周年おめでとう! トヨタ、日産、ホンダのデザイナーが手掛けた3台の記念モデルは絶対見逃せない!!

clicccar / 2020年1月15日 17時3分

■ ■2秒に1台売れているトミカ。累計販売台数は6億7000万台以上!

まもなく50歳となる筆者にとって、子供の頃おもちゃ屋さんの専用ショーケースに並んだトミカの中から、どれを買ってもらうかと悩んだことは楽しい思い出です。

トミカは株式会社タカラトミーが発売しているダイキャスト製ミニカーのことで、2020年に発売50周年を迎えます。トミカは1970年8月の販売開始から1050台以上の車種、累計販売台数6億7000万台以上を達成。2秒に1台売れているミニカーで、子供だけではなく大人にも人気となっています。

2020年1月15日には「トミカ50周年記者発表会」が開催され、50周年事業が発表されました。まずは、2020年10月にイベント「トミカ50周年ファン感謝祭」を開催。また、2月29日からは埼玉県にある越谷レイクタウンを皮切りに、トミカ50周年を記念した展示・物販イベント「トミカ50thサンクスフェス」を開催します。

●トミカ50thサンクスフェス
・2月29日(土):イオンレイクタウン kaze
・3月7日(土)、8日(日) :イオンモール伊丹
・3月20日(金・祝日)-4月5日(日) :三井アウトレットパーク 木更津
・3月21日(土):池袋サンシャインシティ 展示ホールC(小学館こどもフェスティバル内にて)
・3月下旬-4月中旬:東京スカイツリータウン・ソラマチ
・4月25日(土)-5月25日(月):横浜ランドマークタワー69階展望フロアスカイガーデン

50周年関連商品としては、1970年に発売した初代トミカ6車種を現在のトミカに合わせた仕様・金型で再現したトミカ50周年コレクションをはじめとした4種類の記念商品を発売します。さらに50周年記念としてトミカのアニメ化や様々な企業・ブランドとのコラボレーションも予定されています。

そして今回の記者会見で発表され、最も注目なのが「トミカ50周年自動車メーカーコラボプロジェクト」です。このプロジェクトはトヨタ、日産、ホンダの自動車メーカー3社が協力し、実車のデザインと担当している各社のデザイナーにトミカのために特別な50周年デザインを考えてもらうという企画です。

この夢の企画に関わった3社からはGRスープラの開発責任者である多田哲哉さん、日産GT-Rの商品企画責任者である田村宏志さん。そしてシビックタイプRの開発者、柿沼秀樹さんの国産スポーツカーを語る上ではずすことのできない3人が壇上に並びました。

プロジェクト第1弾として、ホンダシビックタイプR トミカ50周年記念仕様 デザインバイホンダが2020年4月に発売。続いて第2弾として2020年6月にトヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様 デザインバイトヨタ、そして第3弾として2020年8月に日産GT-R トミカ50周年記念仕様 デザインバイニッサンがそれぞれ800円(予価)で発売予定となっています。

なかでも日産GT-Rはかつてトミカがスポンサーだったトミカスカイラインのレーシングカーをモチーフとしたカラーリングとなっていますので、コレクターアイテムになるのは間違いなしです。

プロの目から見てもクオリティが高いと評価されたトミカ。いつの時代も色あせないトミカの魅力は、年齢に関係なくクルマ好きを惹きつけるものがありますね。

(萩原文博)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング