1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「やべえ、この女ストーカーかも…」男子がドン引きする女子の行動

ココロニプロロ / 2018年4月9日 10時30分

「彼女はよく『今何してる?』と連絡してきます。正直少しうんざりして、無視したことがあったんです。そしたら、共通の友人に『○○くん今何しているか知ってる?』と聞いて回ってたみたいで…みんなに迷惑をかけるので、それを知ってからは必ず返していますが、面倒です」(26歳/整備士)

「プロポーズしてから、彼女にSNSでよくタグ付けされるようになりました。デートした日は決まって投稿していて『#もうすぐ結婚#もっと一緒にいられるね』とか入っているのが重いです」(30歳/銀行員)

他人からされたら“ストーカー”、彼女だったら“重い女”と、感じ方に違いがあるだけで、行動そのものにあまり差はない気がしませんか?

■ストーカー的行動を取りやすいタイプ
犯罪心理学者の越智啓太教授によると、次のような特徴がある人はストーカーっぽい行動を取りやすいそうです。

◎プライドが高い


自分をもっとよく見せたい、特別な人でありたいという気持ちを強く持つ人は、他人が注目され、高く評価されることを快く思いません。

恋愛に当てはめると、彼が他の女性をほめたり、自分より他のことを優先したりするだけで、極端に機嫌を損ねます。浮気をされても、なかなか現実を受け入れられません。

このタイプの女性は、相手の気持ちを自分だけに向けようとして、相手を束縛する行動に出やすい傾向にあるでしょう。

◎交際するにはルールが必要だと思う


ふたりの関係を良好に保つためにルールを決めたがる女性も、恋人に執着しやすいタイプです。日々の予定を細かく知りたがるなど、相手を監視しようとする傾向にあります。特に交際期間が長いほど、彼への執念も強くなるかもしれません。

◎女友達が少ないほうだ


同性の友達が少ないと、恋人を失いたくない気持ちが募りやすくなります。彼に依存し、こまめに連絡を取っていないと不安になってしまいがち。

彼からの連絡が途絶えるたびに、怒っていませんか?相手は無視したつもりではなく、単に忙しかっただけかもしれません。向こうの都合を思いやる余裕を持てなくなってしまうと、嫉妬深い気持ちを行動に移してしまうでしょう。

■相手の立場で考えて予防を
もしかしたら私のことかも…と心配になった方は、ストーカーっぽい行動に出ないよう予防に努めましょう。
“これをされたら彼はどう思うかな?”と一瞬立ち止まって考えるだけで、防げることはたくさんありそうです。






この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング