男が応じやすい「女性からの誘い方」とは?【恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門3】

ココロニプロロ / 2018年10月11日 18時55分

写真

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。独自の恋愛論で男心を解説します!


【恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門3】
心理学でも言われているように、恋愛ってギブ&テイクです。相手にないものをあなたが持っているとか、あなたにないものを相手が持っているとか、そういういわば凸凹の組み合わせが恋愛の基本。

ギブ&テイクの関係を築くもっとも簡単な方法は、「相手が欲しがっているものを差し出す」です。たとえば男性に限らず、人は楽しいこととか、ワクワクすることをつねに欲しているのだから、気になる彼にそういうものを差し出すことができれば、わりと簡単に彼氏ができたりします。

がしかし、自分から誘うことができない女性も多いと思うので、まずはそのへんのお話からしましょうか。

■セクハラ問題があるので女性から誘わないと
男はつねに女性からの誘いを待っています。なぜなら男から誘うとセクハラと言われかねないので待つしかないから。とくに職場の女性を男が誘うのって、セクハラのリスクと紙一重で、そんなリスクを積極的に背負いたいと思っている男っていないしね。だから、女性から誘わないとカップルは成立しづらいのです。

もっと広く言えば、男よりも愛について敏感な女性は、愛されるのを待つより、愛するほうが簡単だし気楽だということです。
愛されるのを待つとどうしても「この彼とわたしは脈ありなのかな?」と思ったり、「男性が気になる女性にやる言動について教えてください」など、とかく「探りを入れる」ところから入るでしょ? 誰にとっても探りを入れることってしんどいでしょ? 
探りを入れても、得られる結果はすべて仮説だから、誰にとっても気が休まらないし、気が休まらないと、人はどんどん自己評価を下げていくので、悪循環です。

と、おそらく多くの人はわかっていると思うのだけれど、「勇気がないから誘えない」となりますよね? でもね、自分から誘うのって、勇気が必要なのではなくて、技術が必要なだけなんですよね。たとえば以下のテク。

■「相談があるの」
「相談があるの」と女性から誘われたら、男はまず断りません。断れないのです。男って「女性を泣かしてはいけない」と思っているから。

実際に相談なんかなくったっていいんです。彼とどこかに飲みに行って、他愛もない話をしつつほろ酔いになった頃、彼はきっと「ところで相談って何?」と聞いてきます。
そのとき、あなたがとろんとした目つきで「忘れちゃった」と言うといいです。そしたらよほど鈍感な彼でもない限り「相談という口実で、彼女はおれのことを誘いだしたんだ、ということは彼女はおれのことが好きなのかな」と思います。

■「新しくできたあのお店に行かない?」
これはわりと肉食系女子が使っている手ですが、草食系女子にとっても使いやすいでしょうし、男がのってきやすい誘い方です。
とくに食に興味のある男性とか、仕事柄接待で新しいお店をつねに開拓していかないといけない男性は、即座に誘いに乗ってくるでしょう。

■「お酒弱いけど日本酒飲んでみたい」
お酒を少ししか飲めなくても、またウソでも、この手を使ってみるといいです。男って「女性と日本酒を飲む=おれの前で彼女が酔う=おれのことが好きなのだろう」と思っているから。
酔った女性をお持ち帰りしたいとか、ことさら女性のカラダだけが目当てだからそう思うわけではないんですよね。男って「恋愛=エッチ込み」と思っているから「女性と日本酒を飲む=恋愛の始まり」と思っているんですよね。

■リスクを心配するよりも行動を…
主体的に考えて自分なりに行動する――いつの頃からか、こういう生き方をする人が減りましたよね。主体的に生きるとは即ちリスクを背負うことになるから、リスクを背負いたくないとか、リスクにつまずいて失敗するのが恥ずかしいとか、そんなふうに思う人が増えたのでしょう。

でも愛の本質は自由です。世間の管理や他人の目が届かない、ホントに豊かで自由なもの、それが恋愛です。高度に管理されている今の日本に唯一残されているフリーダムな空間、それが恋愛です。
気になる男性を誘って、うまくいかなくて誰かのウワサになっても別にいいじゃないですか。他人のウワサなんて1ヵ月もすれば消えるのだから。誘わなかった場合、「誘いたい」というあなたの気持ちは1ヵ月じゃ消えないどころか、誘わなくて後悔することになれば、その気持ちはずっと尾を引くでしょ?

なんだかネガティブな二択の話になりましたが、でも他人があなたの人生の責任を負ってくれることなんてまずないのだから、テクニックを駆使して自由に豊かに恋を楽しんだほうがいいと思いませんか?

※毎週木曜日更新

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング