「彼女とずっと一緒にいたい」男性がそう思う瞬間とは?エピソード3つ

ココロニプロロ / 2018年10月23日 16時55分

写真

「彼女とずっと一緒にいたい」男性がそう思う瞬間とは?エピソード3つ


いつの世も、彼と一緒にいたいと願う女性の心理は不変のもの。彼の心を独り占めしたいと思うのは、切なる恋心の表れなのでしょう。


その願いが思わぬ形で叶う時…。彼が「ずっとこの人と一緒にいたい」と思った瞬間の、素敵なエピソードを3つご紹介します。

■自分のためにがんばる姿を見た時
誰であっても一生懸命な姿というのは心に響きます。特にその一生懸命の矛先が自分のためのものだったら…?

とある30代男性のお話です。
ある日、スーツのズボンのポケット部分がほつれてしまったので、彼女にお願いすることにしました。

ところが、彼女は針仕事が苦手。玉結びすら少々手こずるほどですが、明日の朝までには直してあげたいと思う一心で、必死にポケットを縫い合わせます。

その様子を彼は横で見ていました。何度も指に針が刺さって悲鳴をあげたり、縫わなくていいところまで間違えて縫い合わせてしまったりと悪戦苦闘しつつも、ようやく完成したポケット修理はなかなかの出来栄えでした。

少々ステッチがギザギザでしたが、一生懸命がんばってくれたと思うと、それさえも愛おしく思えたそうです。そのスーツを着て仕事をしていると、不思議とやる気がどんどん出て自信がみなぎってくるのを感じたとのこと。

それから2ヶ月後、彼は彼女にプロポーズをしました。返事はもちろんOK!

■親身になって寄り添ってくれた時
仕事で取引先とゴタゴタがあった夜、彼は自信をなくしていました。
40代に突入してすぐに任されたビッグプロジェクト。それなのに自分のミスで信用を失い、一緒にがんばってきたメンバーにも迷惑をかけてしまったそうです。どんなに自分を責めても足りないくらい…。

このまま家に帰るともっと落ち込んでしまいそうなので、帰りに彼女の家に寄ることに。彼女は何も言わないで黙って話に耳を傾け、聞き終わると、簡単な食事を作って出してくれました。

なんということもない簡単なメニューだったのですが、心底おいしく感じられ、彼は夢中で食べたそうです。
それを見ながら彼女は真っすぐな瞳でこう言いました。
「大丈夫だよ」

その一言が魔法の言葉のように心に沁みて、泣いてしまいそうなくらいうれしかったとか。
後日、仕事で名誉挽回を果たした彼は彼女と同棲をスタート。今では小学生のお子さんが2人いる、温かくてにぎやかな家庭を築いています。

■彼女がどんどんキレイになっていく時
大学生の男女のお話です。サークルで知り合った2人はもともと、友人同士でしたが、彼女のほうは密かに彼に片想いをしていました。

彼は話すたびに「この子キレイになったな」と思うことが多かったそうです。実際、少しずつ彼女は美しくなっていきました。恋のチカラですね。

初めて2人きりで飲みに行った時、彼女はここぞとばかりに女性らしい上品なワンピースで現れたそうです。
この瞬間、彼は「確実にキレイになった!」と確信。2人ともお互いにドキドキしながら、その日はそれぞれ帰宅の途についたと言います。

それからは、会うたびにお互いに意識するように。そしてやはり、見るたびに彼女はどんどん美しくなっている気がします。

「このまま他の奴にとられたくない!」そう思うということは、恋をした証拠ですね。彼から告白して2人は付き合い始めました。

それからも彼女はどんどんキレイになっていき、彼の気持ちは恋から愛へ進化したそうです。将来の約束をする日も近いのかもしれません。

■恋は駆け引きというけれど…
わざとLINEの返信を遅らせたり、もったいぶってデートを断ったり…。前は「恋の駆け引き」なるものを駆使したスーパー女子が大勢いたもの。

実際、その瞬間は、男性心理的に「追いかけたい!」という本能が働き、女性を追いかけるようですが、いざ手に入ったら冷めてしまうことも多かったようです。

好きになって、はじめて恋が始まるわけですから、やはり心が動かなければ何も始まらないでしょう。
「好き」という気持ちを伝えること、そして心を込めて相手に接することが、何よりもの恋の近道になると思います。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング