男子に「脈なし」と勘違いされる女子の言動…消極的もほどほどに

ココロニプロロ / 2019年2月11日 19時45分

写真

男子に「脈なし」と勘違いされる女子の言動…消極的もほどほどに

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情328】

彼といい感じだと思っていたのに、急に連絡が来なくなった……とか、付き合う手前で関係が終了した経験がある女子もいるはず。

突然、疎遠になったら「なんで?」と思いますよね。もしかしたら、デート中のあなたの様子から、彼が「脈なしだろう」と判断し、テンションが下がってしまったのかも。

というわけで、今回は男子に脈なしと勘違いされる言動についてお話しします。

■反応が薄めだと彼も不安
女子もそうですが、男子も、デートしている相手の反応が薄いとやっぱり不安になるようです。

実は筆者も昔、元カレに「付き合う前、あまりにも反応が薄かったから、告白してもフラれるかと思った時期があった」とカミングアウトされたことがあります。

交際したら全力で彼氏に甘えるけれど、付き合う前は、特に相手への本気度が高いときほど、「嫌われたらどうしよう……」と考え、男子が望むような(?)かわいい反応ができないタイプなので。

でも、男子の多くは、その緊張や照れから来る反応の悪さを脈なしサインだと感じて、告白をためらうみたいなんですよね。

相当、女慣れしている男子なら「緊張してるんだな」と見抜くのでしょうが、そこまで女慣れしてない男子だと見抜けなかったりしますから。

彼の前でうまく反応できなかった場合は、後で「今日は楽しかったよ♡ありがとう」とLINEを送るのがおすすめ。そうするだけでも、脈なしじゃないってわかってもらえると思うので、デート中は緊張しちゃう人は、LINEを駆使してくださいね。

■相手の出方を見てアクションを考える
恥ずかしさや緊張のせいというのではなく、慎重派ゆえに相手の出方を見て接し方を考えるのも、脈なしと取られてしまう可能性が……。

相手の男子が、どちらかといえば積極的なタイプなら問題ないのですが、彼も慎重派で相手の出方を伺うタイプだと、何も進展しないでしょう。

これのせいで、失敗する女子って多いんですよね。筆者も経験があります。

好きな人が自分のことをどう思っているかわからないから、こちらから近づくことなく、彼のアクションを待っていたところ、全く何もなかったので「あ、私のこと別に好きじゃないのね」と諦めたんです。

で、その1年後くらいに、友達づてに彼が筆者のことを好きだったと聞いて大後悔。彼のほうも「脈なしだろう」と思い込んでいたそうです。

そして、そのことを知ったときには、筆者には彼氏がいたため、その彼とお付き合いすることはありませんでした……。

こんなふうに、相手の出方次第で自分のアクションを変える、というスタンスでいると、場合によっては恋のチャンスを失うので、気をつけたほうがいいでしょう。

■恥ずかしくても好意は見せて
実際には両思いなのに、お互いに脈なしだと勘違いして恋が実らずに終わった……という歯がゆい経験は、なるべくならしたくないもの。

その気があるなら、脈なしと勘違いされないよう、恥ずかしくても好意は見せたほうがいいですよ。そうすれば、きっと彼も安心して近づいてくれると思います。










この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング