牡羊座は、本来すべきことが見えてくる…5月19日 蠍座の満月【新月満月からのメッセージ】

ココロニプロロ / 2019年5月18日 18時45分

写真

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

■5月19日 蠍座の満月
5月19日は蠍座で満月になります。この時期の星回りをご紹介しましょう。

蠍座満月(牡牛座太陽と蠍座月が向かい合っている配置)に牡牛座水星が重なっています。また、山羊座冥王星や山羊座土星、魚座海王星が蠍座満月をサポートしています。

■大きな計らいに基づいた経験をする
この時期、私たちの世界においてあらわれることには、とても大きな計らいに基づいたシステムが作用しているようです。この影響は牡牛座新月(5月5日)あたりから何やら濃くなっていて、この満月あたりが最も濃いようです。

もしもこの時期、印象深い何かが起こるのだとしたら、それはあなたがより大きな計らいに支えられているから生じているのでしょう。

つまりこの時期の経験には、もっと大きな意味(人生の意味や意義に関する何か)が含まれていると思われるのです。「今、私は本当は何をどのように経験しているのか」という「まなざし」を意識しながら数日過ごすようにして下さい。

■蠍座満月が問いかけてくること
さらにお知らせします。あなたがより大きな計らいによって支えられているという前提があるとして、はるか昔からそうであったようにこれからもずっと大丈夫だとしたら、あなたは一体何をしたいでしょうか。何をすべきでしょうか。今回の蠍座満月はそんな問いかけもしてくれているように思います。

■あなたの内側から自然と答えが生まれる
牡牛座金星が牡牛座天王星と重なっていて、それら2天体を蟹座火星が応援しています。先ほど「本当は大丈夫だとしたら何をしたいですか?何をすべきでしょうか?」とお知らせしました。

この時期、あなたの内側から「(もしも何の心配も要らないのだとしたら)私はこれがしたい」という答えが自然と生まれやすいと思います。案外シンプルな答えです。しかし今のあなたにはしっくりくるものがあるでしょう。ぜひそうして下さい。

■あなたが受ける影響とは…
今回の蠍座満月の影響を強く受けるのは、 牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座です。この時期の経験が今後のあなたをずっと支えてくれるでしょう。具体的には自分に自信が持てたり、何かを乗り越えたり、重要な人物と出会ったり、心の荷物をほどくのかもしれません。

牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は、自分が引き受けるべき責務や役割をよく考えましょう。それはあなたがしなくてはならないことなのでしょうか。無理なくできることだけで充分だと分かったとき、本来すべきことが見えてくると思います。

双子座、乙女座、射手座、魚座は、長い時間をかけて取り組んできたことが何らかの形になったり、考え続けてきたことの結論がようやく出るでしょう。自分の中でひと区切りがついた気がして、ホッとするのかもしれません。

※次回は6月3日 双子座の新月(6月2日更新)

プロフィール


加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング