結婚したいのに、出会いがあっても人を好きになれない…その原因と改善策

ココロニプロロ / 2019年5月13日 18時55分

写真

結婚したいのに、出会いがあっても人を好きになれない…その原因と改善策

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情365】

これを読んでいる女子の中には、絶賛・婚活中の人もいるはず。けど「真剣に婚活を始め、出会いも多いのになかなか“この人!”という人に巡り合えない」「条件的にいい人に会えても、相手を好きになれない」と婚活難民になったりしているのでは?

学生時代やハタチくらいの頃は普通に恋ができていたのに、なぜ結婚したい今、人を好きになれないのか……その原因と改善策についてお話ししたいと思います。

■“結婚”意識が強いとジャッジは一瞬
結婚のために男性を探すときの気持ちって、学生の頃の、誰かに恋をする気持ちとはだいぶ違いません?

恋って自然に「あの人素敵だなぁ」と好きになりますが、婚活は“早く誰かを好きにならなきゃ”と自分を追い込んでいる感じですよね。そうなると気持ちに余裕がないので、出会ってからのジャッジも早くなりがち。

自然な恋の場合は、最初は意識してなかった(または、むしろ苦手だった)けど、時間が経つにつれ相手のいい面が見え、徐々に気になりだし、気づいたら好きになっていた……!ということもあります。が、“早く誰かを好きにならなきゃ”と焦ると、まず自分の好みや条件から外れている人は“対象外”にします。

で、条件に合った人や、ちょっといいなぁと思った人とデートしてみて「年収はいいんだけど、話が面白くない」「カッコイイけど、年収面で考えると、彼と結婚したら専業主婦は無理よね」など、早々とジャッジして切ってしまいがち。そうなると、どんどん選択肢が少なくなっていきます。

ちょっとでもダメなら、ハイ次!……というのは効率的に見えて実は婚活難民になりがちな考えかもしれません。

そもそも、一気に人を好きになるって一目ぼれ以外ないですよね?“好き”って気持ちは、徐々に出てくるものじゃないですか?数回会っただけで恋するなんて……なかなか難しいですよ。

よほど“この人は無理だ!”という人じゃない限り、縁は切らず、他の男子を探しつつも、しばらくはその人とデートを重ねてみるのもアリかと。

■腐れ縁や元カレを引きずっている
腐れ縁の人や元カレなど、今後結婚することはない相手と連絡を取り続けていると、好きな人はできにくいかもしれません。

もちろん、その彼との結婚を望んでいるのなら頑張るのもアリでしょう。ですが、相手がもう別の人と交際または結婚してしまったのであれば、あなたはあなたで次に行かないと。彼の破局や離婚を待つのは正直、時間のムダです。

“結婚できないけど、好きな人”と連絡が取れ、定期的に会える。となるとそこで満足して、婚活に身が入らないというか、どこかテキトーになってしまいません?

ちょっと「いいかも!?」と思う人が現れてデートしても、元カレと比べて簡単にその恋を手放したりしては、いつまで経っても結婚できないでしょう。

現状、腐れ縁の相手や元カレを引きずって未だに連絡を取ったり会ったりしているなら、完全に縁を切るのは難しいかもしれません。でも、少しずつでも距離を取り、離れたほうがいいですよ。その縁はあなたの婚活の足かせになるので。

■何が引っかかっているか考えて
結婚願望があり、しかも婚活しているのになかなか人を好きなれない。交際にすら至らない……という場合、何かしら引っかかっているモノがあるはず。

自分自身を必要以上に急かさないことが大事です。そして、終わった恋はちゃんと清算しましょう。





この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング