12星座|射手座は、11月までに新しいことをスタートさせて! 【鏡リュウジ 下半期占い】

ココロニプロロ / 2019年7月7日 18時45分

写真

ココロニプロロでも「鏡リュウジの月間12星座占い」を連載中! 占星術研究家・鏡リュウジさんによる「2019年下半期の占い」をお届けします。

■2019年下半期の占い
令和元年の今年ももう折り返し地点。早いものですね。
このところ、時間の流れのスピードが加速していくように感じている人も多いのではないでしょうか。それもそのはず、占星術の上では、今年から来年にかけてはおよそ200年に一度の“時代の大変化”の直前にあたっているのです。

2020年末には、大惑星である木星と土星が接近します。
これは「風の時代」の幕開けを告げるもの。これまでの価値観が大きく変化することを示しています。今まで以上に人々は自由に、その個性を発揮して生きることになりそうです。

今年後半は、その準備の時だといえるでしょう。
幸運の星・木星は、上半期に引き続き、下半期も12月初旬までは射手座にいます。 射手座の人はもちろん、牡羊座、獅子座の火の星座の人は、この木星の恩恵を大いに受けることができそうです。
射手座さんで、もし今年に入ってから何も新しいことをしていない、動きがない、というのなら、ちょっと急いだほうがよさそうです。11月までに何かをスタ-トさせることがポイント。それまでに着手したこと、構想したことは、今後、大きな成果となって6年後にはあなたに恵みをもたらしてくれるはずだから。ちょっとしたことでもいいのです。何かスタートさせないともったいないですよ。
牡羊座の方はこの夏に素敵な思い出ができそうです。恋のハウスに情熱的な惑星が集合してあなたに大きなチャンスを与えてくれそう。持ち前のパッションを遠慮せずに表現していきましょう。恋ばかりではなく、あなたならではの個性を発揮させることが大事です。
獅子座の人も夏がチャンス。あなたのモチベーションを上げてくれるようなことが起こる予感。いい意味でのライバル意識を発揮していくことがポイントですね。

牡牛座、乙女座、山羊座の地の星座の方は9月から10月に注目。これまでの努力が認められる暗示もあります。山羊座に集合しているちょっとヘヴィな惑星の影響で、責任の重さやプレッシャーを受けることもあるはずですが、ここはしっかり受け止めて。大人としての役割を引き受けることで周囲からの評価もグンと上がります。
山羊座さんは目標を具体的に絞り込むこと。
乙女座さんは、9月に自分をうんと売り込むことがポイントになります。
牡牛座さんは、体調管理を心がけて。規則正しい生活をすることで心身ともに快調に。
そしてこの地の星座の方は、12月以降、スポットライトを浴びることができるはずなので乞うご期待。

双子座、天秤座、水瓶座の風の星座の方は、2020年末から大きな幸運のタイミングです。「まだだいぶ先…」とがっかりしないで。そのときはあっという間にやってきますから。今年後半はそのときに備えて知性を磨いておくことが大切。ネットの情報だけに頼らず、本を読んで教養を深めるのはいかが。また、スクールなどの習い事もいいでしょう。もともと好奇心旺盛なあなたのことですから、楽しみながら新しいスキルや知識を得ることができそう。
双子座さんは9月から10月、自分のホームグランドを整備して。模様替えも◎。
天秤座さんは12月に親しい人との関係を見つめ直すこと。きっと強い絆が。
水瓶座の人は12月以降、感受性が豊かに。アートに触れるのがおすすめです。

蟹座、蠍座、魚座の水の星座の方は、調整期間に入っています。スケジュールが乱れたりしやすいので、予定を詰め込みすぎないこと。
蟹座さんはこの夏、これまで欲しかったものを手に入れることも。夏のセールをうまく利用して。
蠍座さんの夏は年長者や尊敬できる人との縁が強くなります。
魚座さんは残暑の季節には体調管理を。
そして、12月以降、水の星座の方は人間関係が広がりそうな暗示ですよ。


■プロフィール


鏡リュウジ
雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いメディアで活躍し、絶大な人気を誇る心理占星術研究の第一人者。占星術、占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介し、従来の「占い」のイメージを一新した。英国占星術協会会員、日本トランスパーソナル学会理事、平安女学院大学客員教授、京都文教大学客員教授など多方面で活動中。
■公式占い 『鏡リュウジのコンプリート西洋占星術』


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング