人生の満足度を上げ、恋する気力を蘇らせるコツ!それは自分が喜ぶ1日を作ること?

ココロニプロロ / 2019年9月16日 23時10分

写真

人生の満足度を上げ、恋する気力を蘇らせるコツ!それは自分が喜ぶ1日を作ること?

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情418】

大人になってつくづく思うのですが、“自分が喜ぶ1日”を作るのって大事だなと……。もちろん仕事に打ち込むのも重要ですよ。でも、その分しっかり息抜きをしないと、頑張り続けられないと気づいたんです。

アラサーにもなると責任が増え、仕事漬けの日々になったりすることもあるでしょう。そんな場合、どこかのタイミングで息抜きしないと心も体も壊れちゃいますよ?今回は、息抜きする1日についてお話ししたいと思います。

■少なくとも月1は自分が喜ぶ1日を
筆者の場合、時間にある程度自由がきくので、どんなに忙しくても月に2日か3日は一切仕事をせず、自分のしたいことをする日にしています。

毎月1日に、その月の間にやりたいことを手帳に箇条書きするんです。で、目的地までの距離や、かかる時間(映画なら余裕を持って“3時間”など)を考えて予定を立てています。

例えば、ある月はこんな感じ。

・映画(ライ〇ンキング)
・ナイトアクアリウム
・アロママッサージ
・温泉に行く
・カニを食べる
・友人と飲む
・凝った夕飯を作る

予定を立てるためにネットでアレコレ調べているだけでも、ワクワクして楽しいんですよね。予定はキチキチに入れないようにしています。計画倒れになるのは嫌なので。そして、その月にできなかったモノは翌月に繰越してもOKです。

ただ毎日、仕事をするよりも「あと3日で温泉&マッサージ!」など、先の楽しみがあったほうが仕事って捗ったりしますよね。

■仕事も大事だけどプライベートも大事
なんとなく休日を過ごすよりも、ある程度、予定を立てて自分のしたいことを存分にしたほうが、リフレッシュできるし休日の満足度も上がるかと。休日、起きたらもう13時だった……というとき、たくさん眠れたのはいいけど、「結局何もしてないや」という罪悪感がありません?

それに、のっそり起きて、だらだら食事をして、掃除と洗濯をして休日終了……では、あまりリフレッシュできた感じがしないですよね。

仕事ばかりの毎日だと「今何をしたい(プライベートで)?」と聞かれたとき、すぐに答えられないのでは? 頭の中が仕事ばかりになってしまい、プライベートのことなど二の次、三の次になっていたり。自分の人生なのに、メインが仕事になっているのは悲しいですよ。

別に月ごとの目標でなく、年の目標でもいいと思います。今年中に何をしたいかを書き出して時間のあるときにひとつずつ実行していくだけでも、気分転換になるし、人生の満足度も上がると思うんです。

■プライベートも楽しんで
仕事に追われてプライベートがないと、恋愛もおろそかになりがち。気づいたら何年も恋人がいない。それどころか、ずいぶん長いこと美容室に行っていないし、新しい服を買いに行ってもいない、なんてことにもなりがち。

仕事に打ち込める時期・環境があるのは素晴らしいことだと思います。けど、頑張った分だけリフレッシュしないと、疲れ果て、楽しむ気力も恋をする元気も失っちゃいますよ。

あなたの人生は他人のためのものではなく、あなたのものです。ときには、思いっきり自分を喜ばせる時間を作りましょ。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング