誠実な男性を見極めるポイントはこれ!彼は不器用or不誠実?【ひとみしょうの男子学入門54】

ココロニプロロ / 2019年10月3日 11時55分

写真

誠実な男性を見極めるポイントはこれ!彼は不器用or不誠実?【ひとみしょうの男子学入門】

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。長年の経験から培った独自の恋愛論で男心を解説します! 出会い、交際、別れ、結婚…などにまつわる“男の本音”をこっそり教えましょう。

■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門54

たとえば、LINEの既読をなかなかつけない男性は、女性の気持ちに不案内な不器用な男性……でしょうか?それとも、女性の気持ちを計算しつつ遊ぶのに忙しい不誠実な男性なのでしょうか?

この見極めは、女性にとって少々むずかしい問題のようで、とくに婚活初心者がまったく知らない男性と出会ったときに、この問いが持つむずかしさに頭を抱えると聞きます。

さて、今回は、誠実な男性を見極めるポイントについて、一緒に見ていきましょう。

■そもそも男性は「マイワールドに生きている」
男性は「マイワールド」に生きています。男が女性のことを「かわいいかどうか」「付き合ってくれそうかどうか」などという視点で主に見るように、女性も男性のことを「かっこいいかどうか」「仕事ができるかどうか」といった視点で主に見ていると思います。

だから、たとえばかっこよさの影に隠れている、彼のマイワールドに気づかないのかもしれないですね。

■男のマイワールドとは?
男のマイワールドとは、たとえば片付けに見られます。キッチンを片付けるとき、シンクを磨いてピカピカにする男性っていますよね?

女性が「それなりに」片付いていればOKと思うところを、もう嫌味なくらいピカピカにする男――自分の確たる世界観を持っている男とは、そういう男です。

このような男性にとって、きれい好きというのは、彼のマイワールドを形成するひとつの要素なんですね。

ちなみに、男のマイワールドは、小学生くらいにはすでに完成されているのかもしれません。

小学生の子どもを見ていると、女児が、大局的に全体を見てバランスよくやるところを、男児は局所的に自分のやり方にこだわっているのに気づかされます(だから、いつまでも同じことをやり続けることになり、あげく、親に叱られる)。

この場合の男児のマイワールドを形成している要素とは、おそらく彼独特の納得感でしょうね。周囲の人のことはいざ知らず、自分が納得するように、納得するまでやる、みたいな。

■女性が知らない男のマイワールド
子どもの頃から確たる自分のやり方を持ち、今もそのやり方で生きている男は、同性の友だちに対して、そのやり方を通そうとします。

つまり、男どうしで仲良くなるとか友だちになるというのは、自分と相手のマイワールドの距離をはかりつつ、相手の世界観ややり方を理解・受容できた時にはじめて友だちになるということなのです。

それが顕著に出るのが、お酒の席です。これは女性にほとんど知られていないことだと思いますが、男どうしの酒の飲み方には、自分のやり方、つまりマイワールドがもろに出るのです。

この酒席における男のマイワールドを形成している要素とは、同性にも理解しがたい(きっと女性にはほぼ理解できない)「へんなこだわり」でしょうね。

同性であるぼくにも理解しがたいので、具体的にこうです、と説明できないのですが、男どうしの飲みの席って、もう「へんなこだわり」としか言えないような男の世界観の見本市みたいなものなのです。

■LINE問題に見る男性のマイワールド
男は女性に対しても、じつはまったく同じ態度を見せます。つまり、自分のやり方を押し通すのです。というか、自分のやり方(マイワールド)という1つの方法でしか男は生きられないのです。だから、恋愛にももろにマイワールドを適用させます。

たとえば、LINEというプライベートなツールは、終業後にしか見ない、というマイルールを持っている男性は、彼女からのLINEになかなか既読をつけません。この裏には、仕事は「こうやるべし」という、男のへんなこだわりがあります。

あるいは、彼女が火曜日に週末の予定をLINEで尋ねたとき、金曜にならないとわからないと即座に返信すればいいものを、マイワールドゆえ金曜になってやっと返信する男がいます。

ふつうは「即答できないので金曜まで待って」などと返事するでしょう?でも彼のマイワールドの壁には「あいまいなことは、それが明確になってから返事する」という、不器用極まりない決まりごとが、大きめサイズのゴチック体でプリントアウトして貼ってあるのです。

■誠実な男性を見極めるポイントについて
さて、では、そのような(ちょっと奇妙な/同性にも異性にも理解しがたい)自分の世界観や自分のやり方を持っている男の誠実さを、どうチェックするのがベターなのか?
あなたと彼と、彼の男友だちとで、一度飲みに行くといいでしょう。

男の妙なこだわりが顕著に出る酒席において、彼が男友だちとどう接するのかを観察すると、その男がただの不器用者なのか、不誠実なヤツか、見えてきます。

ただの不器用者(じつは誠実な男性)は、自分のマイワールドを持っていても、相手のやり方に合わせようとします。反対に、不誠実な男は、自分の世界観をどこまでも押し通そうとします。だから同性の友だちが少ないのです。

■同性の友達が少ない彼の得意ワザは…
他者に対し、より開かれた世界観を持っている男が、男から見たら誠実なヤツなわけですが、さて、女性のみなさんはどう思いますか?男の意見など無視して、あくまでも「わたしにとって」誠実であればそれでOKと思いますか?

もちろんそういう判断もありでしょう。がしかし、同性に開かれていないマイワールドを持つ男は、なぜか不思議と、最終的には女性を泣かすのがうまいのです。

他者に開かれていない世界観を持っている男とは、器のちっちゃな男なのか?と思うほど(あ、言っちゃった!)、女性を泣かせるのがうまいのです。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング