蠍座は、学びと共に一回り大きく成長できそう…10月14日 牡羊座の満月【新月満月からのメッセージ】

ココロニプロロ / 2019年10月13日 18時45分

写真

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。


■10月14日 牡羊座の満月
10月14日は牡羊座で満月になります。この時期の星回りをご紹介しましょう。

今回の満月は、秋分(9月23日)や天秤座新月(9月29日)に始まった流れが満ち、その結果として何かがあらわれつつあるタイミングであるとも言えます。したがってこの時期は、秋分からこれまでを振り返ると共に、自分の内外を改めて見つめることができるでしょう。

そして、「春夏とは異なる新しいシーズンに入っている」「そのあらわれとして、周囲の状況や自分の在り方、人間関係も動き始めている」と実感するのかもしれません。

■牡羊座満月をとりまく星回り
満月図を見てみます。牡羊座満月(天秤座太陽と牡羊座月が向かい合っている配置)と山羊座冥王星、山羊座土星が直角三角形を作っています。射手座木星は牡羊座満月をサポートしています。

環境の変化、対人関係上の変動などを含むドタバタ劇、重要な問題に思い切って取り組むことになる……と読み解くことができそうです。何かが二転三転しながらダイナミックに変化していくことも考えられます。大きな局面をタフに乗り切っていくのかもしれませんが、(射手座木星からのサポートも考えると)そのような経験を通じてより良い方向へと導かれていくように思われます。ありとあらゆる可能性に心を開き、そのドタバタ劇や大きな局面をできる限り楽しんで下さい。この時期の私たちには、大抵のことを笑い話にできるユーモアと賢さ、何ごとも前向きに取り組む冒険心がもたらされていると感じます。ですから今、あなたが経験していることの意味や意義を信じることはきっとできると思います。

■蠍座にある金星、水星の関係は…
蠍座金星が牡牛座天王星と向かい合っています。蠍座水星は魚座海王星や山羊座土星、山羊座冥王星と小さな三角形を作っています。

この時期のドタバタ劇を通じて、あなたや誰かの愛や信念、祈りはきっと深まるでしょう。愛や言葉が今までとは異なる感じで交わされ、あなたを取り巻く縁が大きく動くことも考えられます。


■あなたが受ける影響とは…
今回の牡羊座満月の影響を強く受けるのは、 牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座です。どんな出来事もあなたにとって意味深く、今後のために必要な経験です。今、意味のある経験をしていると受け止め、できる限りのことをするようにして下さい。

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は、この時期、変化や成長を邪魔しているのはあなた自身なのかもしれません。そんな学びと共に一回り大きく成長できるでしょう。考え方や物の見方、取り組み方を見直すことで、新しいことに目を向ける余裕が生まれそうです。

双子座、乙女座、射手座、魚座は、ある出来事をきっかけに自分自身との向き合い方が変わるでしょう。自分へのダメ出しはほどほどにして、のんびり過ごすようにして下さい。自分の好きなところも嫌いなところも素直に受け容れるようになり、誰かに心を開くことももっと上手になりそうです。


※次回は10月28日 蠍座の新月(10月27日更新)

プロフィール


加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング