“マザコン男”と“母親思い”を見分けるには?彼がどちらか結婚前にチェック

ココロニプロロ / 2019年12月10日 19時55分

写真

“マザコン男”と“母親思い”を見分けるには?彼がどちらか結婚前にチェック

必要以上に母親に依存し、執着する男性は「マザコン」と呼ばれますよね。どんなときでも最優先される母親の存在は、パートナーにとっては結婚後も大きな悩みの種に…。

今回は、自分の彼がマザコンなのか、それとも母思いの孝行息子なのか、その見分け方をアラサー女性の経験談と共にご紹介。女性たちが目の当たりにした男性の言動をヒントに、彼の本質を見極めてくださいね。

■母が世間の基準かのような発言

◎彼女の能力と比較する



「雑貨屋さんでおしゃれなドライフラワーや布小物を買おうとすると、いちいち『母さんならそういうの1から作るけどな~』と言う彼。正直うるさい!」(27歳/販売員)

自分の母親がハンドメイドが得意だからといって、それが女性として当然かのように言われると腹が立ちますよね。こんなふうに彼女と母を比較する男性はマザコン男の可能性大です!

◎手料理の味に口出しする



「肉じゃがが食べたいというから作ったのに『なんか違うんだよな。うちの実家はもっと具が大きいし、味つけも甘めだよ』とダメ出しのオンパレード」(25歳/介護職)

家庭料理の味は育った環境によって好みが変わるもの。彼女の料理と母の料理は同じメニューでも全くの別物なのに、母のほうが正しいような発言をされてはたまりません。料理は生活の重要な部分。ここでの彼の態度をしっかりチェックしましょう。

■父ではなく母に相談する

◎大事なことに関して決定力がない



「元カレの口癖は『母さんに相談してみる』。2人で旅行の計画をしているときまで『母さんのほうが旅行は詳しい』と言われ、我慢の限界に」(30歳/ネイリスト)

マザコン男は幼い頃からなんでも母の決定に従っているため、自分の意志がない傾向があります。2人の大事なことまで母任せでは、あまりにも頼りないですよね。

◎父の存在感が薄く、母の話題が多い



「普段から母親の話は多いのですが、父親の話はしないんです。女手一つで育ったのかと思ったけど、そうではないみたい。父親との関係が微妙なのか、母子べったりで依存し合ってる感じ」(32歳/銀行員)

ご両親が健在なのに、なぜか母の話題ばかり!という彼はもしかしたら黄色信号かも。マザコン男は母との結びつきが異様に強く、反対に父との関係性は希薄な場合が多いようです。

■家事能力が一切ない

◎すべて母に頼り切っている



「一人暮らしなのに家事能力がゼロで驚いた。毎週末、ママが来て掃除や洗濯をしてくれると笑顔で言っててドン引き」(26歳/看護師)

精神的にも生活的にも自立できていないマザコン男…。人に「してもらう」のが当然だと思っているので、自分でなんとかしようという気がありません。子どもの頃からママが何でもやってくれていたという感覚が抜けていないのです。

■プレゼントを欠かさない

◎母にまめにプレゼントをしている



「普段は特にお母さんの話はしないけど、母の日や誕生日には一緒にプレゼントを選んでほしい、と言われます。まめに贈っているみたい」(28歳/事務)

こちらはマザコンというよりも母思いなエピソード。特別なときに母親への感謝の気持ちを表すのは思いやりがある証拠です。普段はあまり母の話をしてこないのも好印象だし、この場合は依存している感じがしないですよね。

■違いは、与えるか与えられるか!
マザコン男は母に依存し続け、精神的に子どもの頃のまま。お世話してもらうのが当然だと思っています。

一方、母思いの男性は自立していて、適切なタイミングで母への感謝を表すもの。何かを与えてもらう側か、それとも与える側かというのがマザコン男子を見分けるポイントになるのではないでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング