気になる彼と自然に距離を縮めるには?上手に相談して懐に入るコツ

ココロニプロロ / 2020年10月12日 11時55分

写真

気になる彼と自然に距離を縮めるには?上手に相談して懐に入るコツ

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情587】

気になる人が現れても、どうやって近づこうか悩みません?マッチングアプリや婚活パーティーなど、いわゆる出会いの場で会った場合は、まだ話しかけやすいし、連絡先もそれとな〜く聞けたりするかもしれません。

でも、職場とか趣味のスクールで知り合って「いいなぁ」と思ったときは、何か口実がないとなかなか近づけないし、連絡先も聞けないですよね?

■相談したり頼ったりするだけでも近づける
普段から世間話をしたり、一緒に食事をしたりするくらいの仲なら、会話量を増やしてもっと距離を縮め、連絡先を聞き出すことも可能でしょう。ですが、挨拶や業務連絡的な話くらいしかしていない関係だと、近づきにくいし、連絡先を聞くのは難しいはず。

でも、やっぱり気になる人には近づきたいじゃないですか?そんなときは、無理に世間話を振って仲良しな雰囲気を作ろうとするより、相談をしたり頼ったりしたほうが自然に近づけると思います。

筆者は以前、ホステスをしつつ、しばらくの間、昼間は金融系の会社で働いていました。その際、職場の人たちを見ていて思ったのですが、相手の懐に入るのが得意な女性って頼り上手だなーと。上司や先輩に、もれなくかわいがられていましたから。

「どうやって近づこう?」と悩むなら、「ココがよくわからないんです。教えてもらえませんか?」とか「〇〇って得意だったりします?うまくできなくて。助けてもらえるとうれしいです」などとお願いするといいでしょう。相談しているうちに、徐々に普通の会話もできるようになりますよ。

まぁ、気になる人に「ココがわからないんです」なんて話しかけること自体、かなり恥ずかしいかもしれませんが……、それくらいでは好意はバレないから大丈夫!

■自信を持たせてくれる女性には一目置く
同僚や目下の人の「頼ってます」っていう態度は、やっぱりかわいいんですよね。筆者だって、慕ってくれる後輩などには目をかけてしまいます。ご馳走したくなったりね。

頼るってある程度、信頼していないとできないことじゃないですか。だから頼られると素直にうれしいし、「しっかりしなきゃ」と責任感も生まれます。で、頼られた側も、頼ってきた相手のことを信頼していったりするんですよね。

そう、無理に世間話を振って仲を深めようとしたり、その人のプライベートなSNSにメッセージを送って、半ば強引に距離を縮めようとしたりするより、他の人もいる前で質問や相談をして、少しずつ近づいていったほうが無難です。

正直、時間はかかると思います。でも、変な近づき方をして警戒されるよりも安パイ!撃沈しないためには時間をかけたほうがいいでしょう。

どんな男性だって、自分のできる範囲で相談されたり、頼られたりしたら、それなりにうれしいはずです。そして、助けた結果、笑顔で感謝されたら、男性としての自信がついたりもするもの。だいたいの男性は、自信を持たせてくれる女性に一目置きますよ。

■時間をかけて仲良くなるのが◎
というわけで、普段の行動範囲内に気になる人がいるなら、好意を押しつける感じでグイグイ距離を縮めるのではなく、時間をかけて、彼の自尊心をくすぐりながら近づくのがおすすめです。そのほうが自然に仲良くなれるし、周りにも、彼への好意がバレにくいですから。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング