天秤座の彼は「言葉巧み」な悪い男?本音と建前を巧みに操る男性の星座TOP3

ココロニプロロ / 2020年10月23日 21時15分

写真

天秤座の彼は「言葉巧み」な悪い男?本音と建前を巧みに操る男性の星座TOP3

LINEをはじめ、メールやSNSのDMなどは、今やお互いの意思疎通を図るために必要不可欠なツールですよね。ただ、男性側から送られてくることは少なかったり、彼がなかなか返事をくれなかったりして、その都度ヤキモキさせられる女性も多いはず。

男性の「忙しい」を言葉どおりに受け取っていると、後で痛い目に遭ってしまうかも!? 今回は、本音を隠しつつ建前をうまく使いこなす男性の星座TOP3をご紹介したいと思います。

■第1位:天秤座の男性
フェミニストで、女性に対してとっても優しい天秤座の男性。「髪型変えたの?似合ってるね」「気が利くから助かる」「キミって絶対モテそう」など、歯の浮くようなお世辞を平気で言えてしまいます。でも、実はこれらのほとんどが建前。

思わずうっとりしてしまいがちですが、多くの女性に同じことを言っている可能性が高いでしょう。天秤座の男性は「私のこと好きなのかも?」と勘違いした女性を狙って、言葉巧みに誘い出します。そこには良からぬ下心が隠されている場合もあるので、用心する必要がありそうです。

■第2位:乙女座の男性
乙女座の男性は、周りの人に対して十分すぎるくらい気をつかう傾向があります。「自分の発言で誰かを傷つけてしまったら…」と心配する性格から、本音を打ち明けることができず、誰に対しても“いい人”を演じがち。女性にも親切に接するので、「私のこと好き?」と錯覚してしまう女性も多いはず。

彼を食事に誘って「いいよ!タイミングが合ったら今度行こう」という返事が来た場合は、残念ながら脈なしの社交辞令です。おそらくタイミングが合うことは永遠にないでしょう。具体的な日程を決める意思が感じられないのなら、早々に手を引いたほうがよさそう。

■第3位:獅子座の男性
無邪気で裏表があまりないように見える獅子座の男性ですが、意外としたたかで計算高く、本音を隠す一面も持ち合わせています。例えば、女性のほうから「今度の週末、一緒に映画でも観に行かない?」と誘った際、「できれば平日がいいんだけど」と言われたとします。

これは「週末を一緒に過ごす相手として、あなただとちょっと不服です」といった意味が隠されていて、やんわりと断りを入れているのです。「平日ならデートしてくれるんだ!」と喜んでいるようでは、都合のいい女への道をまっしぐら…となりかねないので、くれぐれも自分を低く見積もらないよう気をつけてくださいね。

■男性の建前と本音を見極めよう!
時と場合に応じて、本音と建前を使い分けないといけないのは大人として当然ですよね。建前を言うことで、その場がうまく収まるケースも多々ありますが、大切なのは男性の言葉をそのまま信じるのではなく、そこから隠れた本音の部分を想像するといった余裕を持つこと。

男性の言動から本心を探りながら、どう理解すべきなのか。今回の記事を参考に、考えるキッカケにしてみてはいかがでしょう?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング