これを言うだけでOK! 気になる彼にLINEしやすくなる一言とは

ココロニプロロ / 2020年11月28日 19時55分

写真


Twitterで「恋が叶うオンライン恋愛神社」と呼ばれ大人気! 恋愛コラムニスト兼マジシャン、浅田悠介さんの連載コラム

■恋を叶える魔法のフレーズとは?
魔法の恋愛術、その秘密をお教えします。

いつも彼氏がとぎれない、あの子に近づけるでしょう。彼から大事にされている、あの子のようにもなれるでしょう──ラブスペル(恋の呪文)を使えば。

貴女の恋を叶えるカギは「二人のときに何を話すか?」にあります。

私たちは会話によって、相手を知ったり、好きになったりするから。

むずかしい恋の理屈はおいといて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学をベースにしているので超強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみましょう。きっと彼の反応も変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

■LINEで彼をデートに誘う前に…


◎シチュエーション : ターゲットとの雑談中
◎ターゲット : 気になっていてデートをしたい彼
◎場所 : 出会いの場や、職場など


好きな人とのデートはなんとしても実現させたいもの。

けれど、デートに誘うのってめちゃくちゃハードルが高いですよね。どう誘えば自然なのかもわからないし、断られるのは怖いし、グイグイ行くには勇気も必要です。

評判のレストランの話をしたときでも、流行の映画の話のときでも、SNSで映えるカフェを見つけたときでも──いたるところに誘うチャンスはあるはずなのに、打つ手はないのか…。

「また誘いますね」

そんなときは、このラブスペルを唱えましょう。

このフレーズだけでデートに誘えるわけではありません。しかし、このラブスペルを唱えると、デートにつなげやすくなります。

例えば、後日、LINEで「あ、こないだのお店行きましょうよ!」と軽く誘えますよね。

すでに情報をシェアしているので、デートに誘いながらその行き先のプレゼンをするというテクニカルなLINEメッセージを作る必要もありません。

さらに〝誘う〟と、一度、発言しているため誘うのもスムーズです。いわば「前に軽い約束をした状態」になっているのですから。もちろん、彼がイエスと答える確率も上がります。

これは、後日デートに誘うための伏線として使えるラブスペルなのですね。

もし誘わなかった場合でも、まったく問題ありません。そもそも彼は「また誘いますね」という会話を覚えていないでしょうから。ノーリスクです。

彼との会話で良さそうな場所が話題に上ったら、いつかデートに狙うときのために、ぜひこのラブスペルを唱えておきましょう。


■また誘ってください、ではないことに注目

このラブスペルは「誘ってください」という受け身なものではありません。

むしろ「誘いますね」と攻めの態度であることに注目してください。恋愛は(人生全般に言えますが)アクションする姿勢こそが大事なのですよ。

そうでなくとも「誘ってください」と伝えて、そのあと誘いがこなかったことなんて、いくらでもあったでしょう。相手任せにしてはいけません。このラブスペルで攻めの練習をしましょう。


■ラブスペルを唱えたあとは?

「また誘いますね」

このセリフのあとは特に何もする必要ありません。会話の流れに合わせて、好きに話を進めてください。唱えることだけが大事なのです。

あとは、後日、こちらから誘うだけ(もちろん誘われ待ちではなく)。このラブスペルを唱えて、そのキッカケを作っておくのですね。スマートにいきましょう。

ラブスペルを使って、魔法のように、その恋を叶えていきましょうね。


--------------------------------
【恋を叶える魔法の一言】

ラブスペルNO.16
「また誘いますね」

◎シチュエーション : ターゲットとの雑談中
◎ターゲット : 気になっていてデートをしたい彼
◎場所 : 出会いの場や、職場など
◎ラブスペルの効果 : 自分から彼をデートに誘いやすくする
--------------------------------

※次回(12月10日)もお楽しみに(第2・4木曜更新)


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング