1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

蠍座は、他人の言動から気づきを得られそう…2月27日 乙女座の満月【新月満月からのメッセージ】

ココロニプロロ / 2021年2月26日 18時55分

写真

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。



■2月27日 乙女座の満月
2月27日は乙女座で満月になります。この時期の星回りをご紹介しましょう。

乙女座満月(魚座太陽と乙女座月が向かい合っている配置)を牡牛座天王星がサポートしています。日本の満月図では、今回の満月は地平線にピッタリ寄りそっています。

占星術では、満月は「内なる何かがあらわれる」タイミングであり、地平線は自分と他者、自分と周囲の状況を示唆しています。つまり(特に日本において)今回の乙女座満月では、今、関わっている人や周囲の状況を見つめたとき、そこにあなたの内なる何かがあらわれているのかもしれません。

あなたの「まなざし」が外側の「それ」をそのように見せている可能性があるでしょう。自分の内外をよく見つめたとき、「そのように見ているからそうなっている」「見れば見るほどその通りになっていく」と気づきそうです。

■水瓶座土星×牡牛座天王星
もうひとつお知らせします。先日2月18日に、2021年の主要な星回りのひとつである水瓶座土星×牡牛座天王星の相克的な星回りが正確な角度を作りました。

1月から2月にかけて、私たちは「新しくなること、変わることへの葛藤を乗り越える」「物の見方や考え方、価値観のアップデート」を公私共に経験してきたのかもしれません。この時期、ここ最近経験してきたことについて振り返ることができるでしょう。改めて振り返ってみて初めてわかること、明らかになることがあるようです。

そのときの経験をありのままに受け容れることができたり、そうなることで今経験しているプロセスがさらに進んだりする場合もあるでしょう。そして「今までもこれからも、私の人生において変わらないものは何ひとつない。それが自然。それでいい」と感じる人もいそうです。

■キーワードは、ブレインストーミング
水瓶座水星が水瓶座木星と重なっています。牡牛座火星と山羊座冥王星が調和的な星回りを作っています。
これらの星回りと乙女座満月を考え合わせると、「ブレインストーミング(あるテーマについて何人かでアイデアを出し合うこと)」という言葉が思い浮かびます。

この時期、誰かとの対話を通じて新しいアイデアが出てくるかもしれません。自分ひとりでは言語化できなかったことも明確になりやすいでしょう。


■あなたが受ける影響とは…
今回の乙女座満月の影響を強く受けるのは、 双子座、乙女座、射手座、魚座です。あなた自身が重んじてきた「生き方のロジック(論、法、思考の筋道)」が新しくなりつつあると感じるでしょう。いろんなことに対して良い意味でこだわりがなくなり、昔と比べて「いいかげん(良い加減)」に生きやすくなってきているのかもしれません。

牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は、心配事や問題に対するあなたの見方、受け止め方が変わってきていると気づくでしょう。それらを抱えて生きることが少しずつ上手になってきているのでは。以前よりもたくましくなってきている自分にちょっぴり自信が持てるでしょう。

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は、周囲を見ながら我が身を顧みることができるでしょう。誰かの言動に対して「私も見習おう」「私は、ああしないようにしよう」と感じるのかもしれません。いずれにしてもその人はあなたに何か気づかせてくれるようです。その気づきを大切にしてくださいね。


-------------------
※次回は、3月13日 魚座の新月(3月12日更新)



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング