1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

11/6は「お見合いの日」!アラサー独女はバツイチ向けパーティーで運命の人に出会える!?【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年11月6日 19時30分

そして、年齢層は思ったよりも高め。30代も何人かいましたが、だいたいが40代で、全体の4分の1ぐらいは50代。

40代後半~50代の方は、こちらのプロフィールカードを見て、みなさん同じ反応をしていました。

「お若いですね!しかも未婚なんですね!何でここに?」

他にも未婚の女性はいたそうですが、このパーティーでは筆者が最年少だったらしく。世の中的には全然若くないのに、「お若い」と言われ続けるうちに勘違いしそうになります。

でも、いくら年上好きと言っても、さすがに20歳上とかはキツイなと感じてしまい。お相手の方々も申し訳なさそうにするので、残念ながら話が弾まないうちに2分が過ぎていきます。

男性側も「自分の子どもとそう年齢の変わらない女性との結婚はあり得ない」などと思っていたんじゃないでしょうか。
「元嫁と比べて何もできなさそう」というのもバレていたかもしれませんが。

その点、30代~40代前半の人と話すのは気楽です。清潔感のある人、優しそうな人もいて、何でこの人が離婚を?と不思議に思いつつも、ごく自然に会話することができました。

◆フリータイムに突入!

長くて短い自己紹介タイムが終わると、第一印象カードの時間。会話してみて「いいな」と思った人の番号に丸をつけ、会場のスタッフに渡します。

そしてフリータイム。
「全員、一度ご起立ください」のアナウンスで荷物を手にし、立ち上がろうとした瞬間、五郎丸選手並みの勢いで走り込んでくるオジサマが。
ええと、この方は40代後半の…「お若い」と言ってくれたアラフィフ軍団の一員です。

先ほど、「何でここに来たの?」の質問に「年上好きなんですけど、40過ぎてずっと未婚の方って、アブなそうなイメージがあって」と答えたら満足そうにしていたこのオジサマ。

苦み走った時任三郎という感じで、雰囲気は悪くありません。しかし、残念ながら共通点がなさすぎて話が合わない…!

彼の後は40代前半~半ばの男性3名が登場。最後、もう誰も来ないかなと思ったら、そのうちの1人が戻ってきて再度お話することに。この方、後で考えたら、自己紹介タイムで最初にお話した男性でした。

◆クライマックス…カップル発表

怒涛の2時間が過ぎ、いよいよ告白タイム。告白カードに、最終的に自分が「いいな」と思った人の番号を5人まで書いて提出します。

フリータイムに来てくれた人の番号を書けばいいものの、疲れすぎてぼんやりしていた筆者は、うっかり、自己紹介タイムに好感を持った人の番号を書いてしまいました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング