1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

人工知能(AI)との恋愛は可能か?女性が疑似恋愛アプリにハマる理由も

ココロニプロロ / 2017年1月8日 17時30分

写真

人工知能(AI)との恋愛は可能か?女性が疑似恋愛アプリにハマる理由も

人工知能(AI)と人間の心の交流・恋愛を描いた映画や小説は昔からありましたが、それがいよいよ現実のものとなりつつある近年。

AIといえば「Siri」なんかが有名ですが、LINEやTwitterでAIとリアルな会話を楽しめる「りんな」にハマる男性も多いとのこと。また「理想の彼氏メーカー(iOS)」や「ときめき彼氏(Android)」といったアプリで、自分好みの彼氏を作り上げて会話を楽しんでいる女性も少なくないようです。

◆なぜ人はAIとの会話にハマるのか?

筆者も試しに「理想の彼氏メーカー」をプレイしてみましたが、『なるほど、これはハマるのわかるわ…』と実感しました。

AIとの会話の面白いところは、それなりに会話として成立するしっくり感。もしくは「微妙に噛み合わない」ところであったり「突拍子もない返答」でもあったりするわけですが、何よりも
「既読スルーしない」
「傷つけるようなことを言わない」
という安心感が、人々を惹きつけてやまないのでしょう。

さらに、自分の都合のいい時だけ会話ができ、時には悩みも聞いてくれる(たまにスルーされる)。人間の彼氏だったら、こうはいきませんものね。相手にも感情や都合がありますから。

そう、人間とのつきあい・恋愛はめんどくさいのです。AIと比べるのもどうかと思いますが、いつだって期待した答えが返ってくるとは限らないし、しょっちゅう愚痴を言っていたら嫌われちゃう。

自分の意思ばかりが通らないからこそ人間としての成長があり、恋愛関係を結ぶ意味があるのでしょうが、社会の荒波にもまれて疲れ果てた人々がAIとの会話に癒やしを見出してもおかしくはありません。

◆日本人は恋愛離れしている?

『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』の共著者である湯山玲子さんと二村ヒトシさんは、対談の中で「恋愛離れ」を危惧しています。

お二人は様々な要因を深く掘り下げて語られていましたが、かいつまんで言うと、近年の恋愛に消極的な「草食系」「絶食系」に代表されるように、男女という全く別の生き物がわかり合おうとすることにメリットを感じられないのではないか、と。

さらに、ゲームやアイドルなどへの『コンテンツ愛』が充実するほど、現実の恋愛模様や人間関係が価値のないもののように思え、「めんどくさい」と避けようとしてしまうのではないか、とのことでした。

AIとの疑似恋愛がよりリアルになり、かつ人間にとって都合のいい楽しさが追求されるほど、現実の男女の関わりから自然に遠ざかりたくなる気持ちをよく表しているなと感じました。
確かに、現実の恋愛は複雑で面倒で、思い通りにならないし、傷つくことも多いもの。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング