「付き合ってる」の境界線~イブにデートしたら?エッチしたら?【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2014年12月22日 12時15分

写真

どこから?「付き合ってる」の境界線

学生の頃はカップルが成立するときって、どちらかが「好きです」「付き合ってください」みたいな宣言をしてからお付き合いが始まるのが一般的だと思うのですが。大人になると「そうでもないケースって意外と多いんだなぁ」と思うこと、ありませんか?

例えば、気がついたらいつも一緒にいて、いつの間にか体の関係もあって。一見、ごく自然にくっついたナチュラルで無理のない関係に見えるのですが、ふと不安になる。「これって付き合ってるの?」って。

そもそも、付き合ってるって何なの?既成事実のほうが重要で、告白って実は必要ないのかな?なんて、根本的なところまで疑い始めてしまったりとかね。
でも、相手が他の異性と親しげにしていると何気に嫉妬したり、かといって束縛もできず、葛藤の日々…。

≪どこからが『付き合ってる』?≫

・クリスマスイブにデートに誘われた
・お互いに朝晩のメールを送り合う
・風邪をひいたら看病したいと言われた
・歩くときは手をつなぐ
・キスをする。それ以上の関係にも…

そんなふうに扱われたとしても、いつまで経っても告白がないんじゃ、さすがに不安になりますよね。

確かに、告白にはそれなりのエネルギーが必要ですし、恋人という立場には多少の責任や束縛も伴います。
でも、これを嫌ってのらりくらりと逃げ続けるって、どうにも怠惰な印象を禁じ得ません。そして時間が経つごとに、居心地はいいけどあいまいな関係に…。
傍から見れば、気持ちがわからないでもないですけどね。

≪早めの対処が肝心≫

風邪と一緒で、こうした男性には早めにどう思っているのか確認しておくことが必要なのでは。
ここで、ある女性の体験談をご紹介します。

「彼が私を好きなのはわかってたし、体の関係もあったけど、いつまで経っても告白されなかったんです。それでしびれを切らせて、
『あのさ、真剣に付き合ってくれないのなら、もう会わない。もうすぐ30歳になるし、無駄な時間を過ごしたくないの。』
と、半ば脅しのようなことを言いました。今思えば怖いですよね。彼は焦ってその場で『わかった、付き合おう』って言ってくれましたが。
言わなくてもわかるだろう、って思ってたみたいです。それから1年後、プロポーズも結局私からした形になりましたが、無事に彼と結婚しました(笑)」(31歳 主婦)

この彼のように「言わなくてもわかるよね?」と思っている、もしくはシャイで言えない男性もいるかもしれませんね。
それに、言葉よりも心で通じ合っているような錯覚に陥り、告白や交際宣言は無粋なことのように思うのかも。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ココロニプロロ

トピックスRSS

ランキング