叶った願いが取消される!?年末にしておきたい「お礼参り」【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2014年12月29日 10時0分

写真

お礼参りしないと叶った願いが取消しに!?

初詣に行く人って大勢いますよね。でも、そのときにした願い事が叶っても「お礼参り」をする人はあまりいないのでは?

年に一度は、神様に感謝を伝えるためのお礼参りをしたほうがいいみたいですよ。願い事が叶った人はもちろん、叶わなかった人も、年内の総決算をする意味でお参りをするといいのだとか。

そこで、長野県のある神社で神職に就いている男性・洋平さん(30代前半)にお礼参りの意味や作法を聞いてみました。

<感謝の気持ちを伝えるのがお礼参り>

――なぜ、お礼参りをしたほうがいいのでしょうか?

●洋平さん:「日本の神様ってとても人間的なんです。『古事記』には怒ったりすねたり…私たちと似たような感情を持つ神様の姿が描かれていますよね。親切にしたのにお礼一つ言われなかったら、腹を立てるのは神様も人も同じ。だから神様たちはお礼をしない人間には怒りを露わにするそうなんです」

――神様の怒りですか…。ちょっと怖いですね。それってどんな影響があるものなんでしょう?

●洋平さん:「叶った願いが『なかったこと』になる可能性もあるんですよ」

――えっ、それは困る!願いが叶ったら、絶対にお礼参りに行かなくちゃ!

<恋愛系のお礼参りの作法とは?>

――例えば、初詣で「彼氏ができますように」とお願いして、みごと恋人ができたら、どのようにお礼参りをすればいいですか?

●洋平さん:「ぜひ彼と一緒にお礼に行ってください。さらなる幸運を得られると思います」

――そうなんですね?逆に、彼氏ができなかった場合は?

●洋平さん:「残念ながら願いが叶わなかった人は、『これからもよろしくお願いします』という気持ちでお礼参りをしましょう。恨み辛みを神様に向けてはダメですよ!」

――なるほど。では、今年失恋してしまった女性は何を伝えればいいのでしょう?

●洋平さん:「『もっと良い縁がありますように』と前向きに祈ってください。元カレとの復縁を願っている場合は、『彼と私、お互いに最良の道を進ませてください』と願うといいですね。『絶対に復縁させて!』と言うのは、神様を脅すことになるのでNGです」

――願いが叶っても叶わなくても、また、良くないことがあってもお礼参りには行ったほうがいいんですね。

<お礼参りの後は「直会」を>

洋平さんは、お礼参りの後には「直会(なおらい)」をすると良い、とも教えてくれました。
直会って初耳なのですが…いったい何をするのでしょうか?

●洋平さん:「直会は、お参りの後の食事のことです。もともとは神様にお供えしたものを食べて、パワーを取り込む風習をこう呼んでいたんですよ。今は、その土地で収穫された作物を食べる、というニュアンスも含まれているので、神社の近くのレストランやカフェでご飯を食べればOKです。
出雲大社では縁結びブームに合わせて、門前町のレストランでのカジュアルな直会を提案していますよ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ココロニプロロ

トピックスRSS

ランキング