結婚の近道“会話美人”になれる!2つの「ゆっくり」動作【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年1月8日 12時15分

写真

結婚の近道「会話美人」になるコツ

憧れの男性と話すときって緊張しますよね。そのせいで無口になったり、一方的に話しすぎてしまったり…。

どんなことに気をつければ、スムーズに会話できるようになるのでしょうか?今回は“会話美人”な既婚女性(プチセレブ!)にお話を聞いてみました。

<言葉に頼らない会話って?>

今回、インタビューに協力してくれたのは、以下のお2人です。

================
・弥生さん(38歳)
ご主人はベンチャー企業の社長

・みゆきさん(35歳)
代々続く企業の跡取り息子と結婚
================

彼女たちは、日常的にパーティーに出席する機会が多いからか、話し相手を楽しませるのが上手な“会話美人”。
「もともと会話が得意だったんですか?」と質問したところ…

●弥生さん:「いいえ。私はせっかちで、しゃべりすぎてしまうクセがあるんです」

●みゆきさん:「私も苦手。緊張すると固まっちゃうんですよね」

誰が見ても会話美人のお2人が、「苦手」と答えるなんて。どうしてスマートに振る舞えるようになったのでしょう?

●弥生さん:「言葉に頼らない会話を心がけているからかな?『話さなきゃ!』と思うと、かえって話しにくくなったり、しゃべりすぎたりするんです。だから言葉ではなく、態度で気持ちを表すようにするといいんですよ」

なるほど。「うまく話そう」と自分にプレッシャーをかけると、余計に話が弾まなくなることってありますよね。

<会話のコツは「ゆっくり」>

では、お2人は会話中、どんな態度を取っているのでしょうか。

●弥生さん:「話しているときは、まばたきをゆっくりするようにしています。それが『話をしっかり聞いてますよ』というアピールになるんですよね。あとはウンウン頷いているだけです。この方法で、おしゃべりな私が『聞き上手だね』なんて言われるようになりました」

弥生さんのまばたきを観察してみると、確かに、目を閉じる速度も開ける速度も、どちらもとてもゆっくりです。目を閉じている時間も長いので、目が開いた瞬間の視線が印象的に感じられて、同性でもドキッとしてしまいます。

●みゆきさん:「私は頷く速度をゆっくりにしています。もともと話下手なので、自分からは何も言わず、相手に気持ち良く話してもらおうと考えたんです。話の内容を噛みしめるようにゆっくり頷くと、相手も手ごたえを感じるようで、ずーっとしゃべり続けてくれるんですよ。実はうちの夫もそれで落ちました!」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ココロニプロロ

トピックスRSS

ランキング