1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

彼氏の浮気現場に遭遇!本当にあった映画みたいな「恋のピンチ」3連発

ココロニプロロ / 2017年3月23日 11時45分

その頃お付き合いしていたのはスタイリストさん。
男性人気アイドルを担当していたので、スケジュールはとても忙しくて不規則。自分が土日休みで規則正しい生活を送っていたため、休みが合わずほんの少ーし不満でした。

でも、お仕事なので仕方ありません。頑張って時間を作ってくれているのが伝わっていたから、会える時は楽しくイイ子でいようと努めていました。

それから一ヶ月くらい会えない時期が続きました。忙しい中、毎日連絡をくれているので感謝していましたが…。
ある日、女子会にて、みんなそれぞれの彼のうっぷんを語っていると全員酔っ払い、それぞれが彼に電話をして自爆しました。

わたしも彼に「うんこ!うんこ!」と電話口で言っていたそうです。これじゃあ、何が不満か相手には伝わりませんよね…。スカトロ野郎だと思われてしまいます。
しかも、せっかく猫を被っていたのに台無しです。

「もう終わった…」と思いつつ、翌朝は彼に丁重に謝り、事なきを得ましたが不満は自分でも気づかないうちに蓄積されていくものです。

特に溜め込んで爆発するタイプは要注意!
こういった自爆で恋がジ・エンドを迎えるパターンはたくさんあります。

なるべく小出しにするようにして解決したほうがいいかも。あと、ストレスが溜まっている時の飲酒はくれぐれも気をつけて!
ストレスフルな時はお酒を飲まないようにしましょう。わたしに言われたくないか…。

■恋のトライアングル~スーパーエディション

ずばり、自分が浮気しているところを見つかってしまったら…。こちらは初めのお話の逆バージョンですね。
こればっかりは自業自得。地獄行きを覚悟で、彼と浮気相手にサヨナラしてイチから出直しましょう。

このピンチはお手上げです。
ただ、どうしてもその場を切り抜けたいなら…。自分は別人だと言い張る!

ちなみに、ハタチだったわたしは…走って逃げました。横断歩道で走り幅跳びができるくらい駆け抜けました。
そう。あの時、わたしは風になった…。

…失礼しました。
ともかく、浮気はしてはいけないですね。浮気!ダメ!絶対!

■恋の数だけピンチがある?

今回は男と女の数だけ恋があり、恋の数だけピンチがある…というお話でした。

できればピンチは迎えたくないけど、来ちゃったものは仕方ない!
そのとき、怒りや焦りでパニックになるか、余裕の笑顔で切り抜けるか、はあなた次第です。

「ピンチをチャンスにする」と素で言えるくらい、オトナな女になれたらステキですよね。
そんな人なら、そもそもピンチになるような恋なんてしないか?

ライタープロフィール

オクトパス高橋
恋愛コラムニスト。様々な媒体にて執筆中。
悩める大人女子を救済すべく立ち上がった方向音痴のポジティブ伝道師。料理研究家の高橋わこうと同一人物説が出ていることを物凄く否定している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング