1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「今だけ!」不倫するのは限定商品が欲しいのと同じ心理!?【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年4月13日 11時45分

写真

不倫は限定商品が欲しいのと同じ心理!?

負の「不倫スパイラル」。抜け出せる人とドツボにハマっていく人、どこが違うのでしょう?

「20代前半には一緒に不倫の恋を語り合っていた友人が、30代を迎える頃には子どもを抱えて生活感むき出しだけど幸せそう。一方、私は何も変わらずトシをとっただけ」なんて話も聞きますが…。

≪不倫にハマってしまう理由は?≫

そもそも、不倫の部屋のドアを開けて中に入ってしまうのは、なぜでしょう?心理学的には、次のような理由があるそうです。

1・本音と建て前の狭間…不倫という谷

仕事で大きな責任を負っている、きちんとしていなければならない立場にある。そんな中で表向きの自分を作り過ぎていると、苦しくなります。そして人間の心理は、そのストレスから逃れようとするときに、一般的にはタブーとされているものに目が向く傾向にあるのだそう。

本音と建て前に大きな差ができるほど、その狭間にあるタブー、不倫という谷が深くなって、そこに落ちていくのかもしれません。

2・親との関係にも原因が…

心理学的には、不倫をする人、特に繰り返す人は、親との関係に原因がある場合も少なくないそうです。

特に多いのが、異性の親との関係。女性なら、父親との関係ですね。父親が忙しかったり厳格すぎたりして、思い切り甘えられなかった…。

そんな親の愛情不足を感じると、大人になっても無意識のうちに引きずってしまう。それで、恋愛で「お父さんの代わりを」という選び方をする。これまた、無意識のうちに…。

でも、もちろん相手は本物の父親ではないので、根源的な解決にはならずに次々と不倫を繰り返してしまう。

それから、同性の親が完璧だったり反対にだらしなかったりしても、自分自身を女性として高く評価できなくなるのだそうです。女性の場合は、「母としてやっていく自信はない」と思いこんで、先のことを考えられずに不倫に走ることもあるのだとか。

≪抜け出せた人、抜け出せない人…≫

どんな理由があるにせよ、不倫を選ぶのも、そこから抜け出すのも続けるのも、自分の選択。抜け出した人、ドツボにハマった人、それぞれの声を聞いてみました。

≫抜け出した人は…

◆「バレたらどうしようとか、彼にとって自分が存在する価値って何だろうとか。考えすぎて疲れちゃって…。影の女だから疲れるんだって自分を説得しました」(40代女性)

◆「やめなきゃって思ってるだけじゃ、結局やめられなくて。だって、一緒にいれば楽しいし幸せだから。でも、長い人生考えたら、今のうちにシフトチェンジしなきゃって考えました。うじうじ迷わなくていいように、地元を離れて引越しちゃいました」(30代女性)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください