結婚したい?生涯“恋愛現役”したい?今一度「結婚する意味」を考える

ココロニプロロ / 2017年9月14日 18時10分

写真

結婚したい?生涯“恋愛現役”したい?今一度「結婚する意味」を考える

結婚を目前に控えた時期って、幸せな気持ちでいっぱいになったり、新生活への不安を抱いたり、様々な感情が湧いてくるもの。

結婚してから「思ってたのと違う!」とイライラしないためにも、今一度「結婚する意味」を考えてみませんか?

世の人々の婚姻率や生涯未婚率をチェックしたうえで、既婚者の実体験エピソードから、結婚のメリットやデメリットを探っていきましょう。

■結婚にまつわるデータいろいろ

周囲の友人が次々に結婚していくと、取り残されたような気持ちになって結婚への焦りを感じがち。「早く結婚しなきゃ!」と焦る前に、婚姻率や、生涯独身でいる人の割合を見てみましょう。

◎年代別の婚姻率は?

25歳から39歳までの、男女それぞれの婚姻率はこちら。

【25~29歳】
男性…26.4%
女性…36.7%

【30~34歳】
男性…51.5%
女性…61.9%

【35~39歳】
男性:62.5%
女性:70.5%

参照:国勢調査(2015年)

全体的に、男性と比べ女性のほうが婚姻率は高め。そして、どの年代も30歳を境に既婚者が増えていますね。

■生涯未婚率は?

こちらは、50歳まで一度も結婚経験のない人の割合です。

男性…23.37%
女性…14.06%

参照:国立社会保障・人口問題研究所 人口統計資料(2015年)

ひとつの選択肢として、生涯独身を選ぶ人も。
なお、女性の生涯未婚率は、1990年は4.33%、2000年は5.82%。27年前、17年前と比べると、今は未婚者にとってだいぶ生きやすい時代になったと言えるのではないでしょうか。

■初婚年齢は何歳?

昔は20代前半で結婚するのが当たり前でしたが、今は人それぞれ。男女どちらも初婚の場合の婚姻の平均年齢は?

男性…30.7歳
女性…29.0歳

参照:厚生労働省 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」(2015年)

初婚同士の婚姻年齢は、1995年時点は男性28.3 歳、26.1歳。2005年時点は男性29.5歳、女性 27.8歳。

こうして見ていくと、婚姻年齢が年々高まる傾向にあることがよくわかります。
妊娠・出産のことを考えなければ、何歳でも結婚できる今、あなたは結婚したいですか?それとも、生涯、“恋愛現役”をめざしたいですか?

■既婚者が語る結婚のメリット

結婚して正解!と思っている人は、結婚自体にメリットを感じています。既婚者の体験談をお届けしましょう。

・「一人暮らし期間が長かったので、結婚後は“孤独から逃れられた”と感じることがよくあります。仕事が長引いたときでも、夫が家で待っていてくれると思うと頑張れます」(29歳/広告代理店営業)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ココロニプロロ

トピックスRSS

ランキング