改良の継続と次世代への進化に注目! 「Angular」バージョン8の新機能

CodeZine / 2019年8月2日 11時0分

 本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法を、サンプルとともに紹介しています。前回はAngularのUIコンポーネントであるAngular Materialを紹介しました。今回は2019年5月にリリースされたAngularのバージョン8について、変更点や新機能を紹介していきます。

■はじめに

 Angularは、Googleとオープンソースコミュニティで開発されているJavaScriptフレームワークです。最初のバージョンはAngularJS(AngularJS 1)と呼ばれていましたが、バージョン2で全面的に刷新され、以降、おおむね半年に1回アップデートされています。

 2018年5月のバージョン6、10月のバージョン7に続いて、2019年5月にAngularのバージョン8がリリースされました。CLIツールの機能追加、速度向上やサイズ削減などについて、引き続き改良が行われた一方、新しいレンダリングエンジン「Ivy」やビルドツール「Bazel」への対応といった、次世代を見据えた機能も導入されています。
図1:バージョン8のリリースを告知する公式ブログ記事

 本記事では、Angularのバージョン8(以下「Angular 8」)について、主要な変更点や新機能をサンプルとともに説明していきます。

■対象読者

常にAngularの最新動向を把握しておきたい方
既存のAngularソースコードを最新版に追従する必要がある方
次世代のAngular技術をいち早く体験したい方

■必要な環境

 Angularの開発では、一般にTypeScript(変換してJavaScriptを生成する、いわゆるAltJS言語)が利用されます。本記事のサンプルコードもTypeScriptで記述しています。

 今回は以下の環境で動作を確認しています。 

Windows 10 64bit版 

Angular 8.1.0
Angular CLI 8.1.0
Node.js v10.16.0 64bit版
Microsoft Edge 44.18362.1.0

 Bazel対応については、以下の環境で動作を確認しています。

Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2015 x64 14.0.23026
MSYS2 x86_64-20190524
Bazel 0.27.1 x86_64

 サンプルコードを実行するには、サンプルのフォルダーで「npm install」コマンドを実行してライブラリをダウンロード後、「ng serve --open」コマンドを実行します。--openは、ブラウザーを自動的に起動するオプションです。

■プロジェクトをAngular 8対応にアップデートする方法

 既存のAngularプロジェクトをAngular 8対応にアップデートするには、リスト1のコマンドを実行します。
ng update @angular/cli @angular/core

 プロジェクトによっては追加の手順が必要になる場合があります。詳細は「Angular Update Guide」で確認できます。

■バンドルの差分ロード

 Angular 8では、ECMAScript 2015に対応した新しいブラウザー(いわゆるモダンブラウザー)と、それ以前の古いブラウザーで、読み込むファイル(バンドル)を切り替える「差分ロード」(Differential Loading)に対応しました。モダンブラウザー用のファイルは、新しいAPIを利用することで実装がシンプルになり、Polyfill(互換性を確保するコード)も少なく済むため、ファイルサイズを削減できます。

 Angularのプロジェクトで、tsconfig.jsonの「target」が「es2015」に設定されている場合に、差分ロードが有効になります。Angular 8のAngular CLIで新規に生成したプロジェクトや、リスト1のコマンドでAngular 8にアップデートしたプロジェクトでは、デフォルトで差分ロードが有効になります。
図2:差分ロードを有効にする設定(p001-default/tsconfig.json)

 差分ロードが有効なプロジェクトでビルドを実行すると、モダンブラウザー用と古いブラウザー用のファイルが生成され、ブラウザーによってどちらかのファイルが読み込まれるようになります。

 例えば、Angular CLIで生成した直後のプロジェクト(p001-default)で、正式リリース用のビルドを行う「ng build --prod」コマンドを実行すると、図3のファイルが生成されます。ファイル名に「es2015」を含むファイルがモダンブラウザー用、「es5」を含むファイルが古いブラウザー用のファイルです。モダンブラウザー用のファイルは、古いブラウザー用のファイルと比較して、ファイルサイズが削減されていることがわかります。
図3:差分ロードによってビルド時に生成されるファイル(p001-default)

 公式ドキュメントでは、差分ロードによって、モダンブラウザーでのファイルサイズが7~20%削減されるとしています。

WINGSプロジェクト  吉川 英一[著]

【関連記事】
「Nuxt.js」の基本、「Vue.js」の利用方法を知ろう
Reactの基本を学ぼう~コンポーネントの仕組みと作り方
大規模Webサービスの改善に向けたR&Dの取り組み――SPAのボイラープレート開発とFastlyの活用
JavaScript UIフレームワーク「Vue.js」で「Wijmo(ウィジモ) 5」のリッチなUI部品を使おう
RubyKaigiの知見を共有し合おう――AFTER RubyKaigi 2019レポート

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング