IDCフロンティア、RightScale経由のセルフポータル型クラウドサービスを試験提供開始

CodeZine / 2012年2月15日 11時56分

 IDCフロンティアは、米RightScale社のクラウド統合運用管理ツール「RightScale Cloud Management Platform」を利用した、セルフポータル型のクラウドコンピューティングサービスを、試験サービスとして15日に提供開始した。

 「RightScale Cloud Management Platform」が実装するマルチクラウド管理機能を利用すれば、大量のサーバを用いた大規模システムの管理・運用を少人数で行えるようになるとともに、提供業者やパブリック/プライベートクラウドを問わないインフラ統制が実現できる。

 また、サービスのピークに応じたサーバの自動拡張・縮退(オートスケール)や、OSイメージおよびアプリケーション設定のテンプレート化によるサーバ構築の省力化が可能になる。

 さらに17日には、クラウドサービスをコントロールできるAPIの試験公開を予定しており、外部プログラムからAPIを通じたクラウドサービスのコントロールによって自動運用を実現。前述のサーバ構築の省力化とあわせて、インフラ構築・運用の効率化を可能にし、調達コストの削減効果が期待できる。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング