Windows AzureユーザーのためのNode.jsの基礎

CodeZine / 2012年4月23日 14時0分

図6 イベント処理の実行結果

 本稿では、Windows Azure SDK for Node.jsを使ったNode.jsの基本機能について紹介します。

■はじめに

 前回は、Windows Azure SDK for Node.jsを用いて、Node.jsユーザー向けにWindows Azureの利用方法を解説しました。今回は、逆にWindows Azure ユーザー向けにNode.jsの基本機能について説明します。

■対象読者

 今回の対象読者は以下のとおりです。特にWindows Azureの知識の有無は問いませんが、Windows Azure SDK for Node.jsを利用します。

Node.jsに興味がある方 ■必要な環境

 Node.jsの実行環境として以下を利用します。

Windows Azure SDK for Node.js ■Node.jsの基礎

 Node.jsはGoogleのJavaScriptエンジン上に構築されたスクリプト実行環境で、サーバーサイドスクリプト技術として注目を集めています。

 前回は、Windows Azure SDK for Node.js(以降、SDK for Node.js)をインストールし、Windows Azure エミュレーター上でWebアプリケーションとして動作させましたが、今回はNode.js単独で扱っていきます。

 SDK for Node.js をインストールすると、「C:\Program Files odejs」にNode.js本体がインストールされるため、これを利用していきます(注1)。

注1
 Node.js単体のインストーラーは、http://nodejs.org/dist/で配布されおり、これを単独でインストールし利用することもできます。現在の安定版はv0.6.15ですが、SDK for Node.jsに同梱されているものは少し古くv0.6.10となっています。



●コンソールへの出力

 はじめに基本中の基本であるコンソールへの出力から確認していきましょう。

 スタートメニューからWindows Azure SDK for Node.js(注2)を開きます。インストールフォルダは環境変数PATHに設定済みであるため、そのままnode.exeコマンドを実行してください。REPL(Read-Eval-Point-Loop)と呼ばれる対話型のシェルが起動します(リスト1)。

注2
 コマンドプロンプトで実行しても問題ありません。



リスト1 対話型シェルの入力例
PS C:\> node.exe (1) > console.log('Hello World') (2) Hello World (3) undefined (4) > .exit (5) PS C:\> node -e "console.log('Hello World')" (6) Hello World PS C:\>
 それでは、各々の動作を確認していきましょう。

 (1)node.exeを引数なしで起動すると対話型のシェルが起動します。

 (2)文字列の出力は、consoleオブジェクトのlog関数を使用すると、(3)のように「Hello World」が表示されることが確認できます。(4)は、console.log関数が評価された結果、返却値が定義されていないため「undefined」(未定義)と表示されるだけなので無視して構いません。

 (5).exit(ドット付きに注意)を入力すると対話型シェルが終了します。 .helpと入力すると他のコマンドを確認できます。

 (6)node.exeに引数を付けてスクリプトを与えることもできます。

 このように、簡単な動作仕様の確認程度ならば対話側シェルでこと足りる場面も多いでしょう。ここまでの実行結果を確認すると図1のとおりです。

図1 node.exeの実行結果




■関連記事
CoffeeScriptベストプラクティス集 Node.jsアプリケーション編(3)
CoffeeScriptベストプラクティス集 Node.jsアプリケーション編(2)
Dreamweaverを使ったjQuery入門 前編 ~jQueryの概要とコーディングルール解説
Dreamweaverを使ったjQuery入門 後編 ~ 要素の追加・削除、イベント処理、アニメーションを実装
Windows AzureユーザーのためのNode.jsの基礎

■記事全文へ

CodeZine

トピックスRSS

ランキング