ブライトコーブ、コンテンツアプリプラットフォーム「Brightcove App Cloud」日本語版を発売

CodeZine / 2012年4月12日 19時10分

 ブライトコーブは、スマートフォンやタブレット端末向けのコンテンツアプリプラットフォーム「Brightcove App Cloud」日本語版を、4月12日に発売した。

 「Brightcove App Cloud」は、ネイティブアプリの構築から公開後の運用、更新メンテナンスまで、アプリのライフサイクルを総合的にサポートする。動画をはじめとする、デジタルメディアを配信するユーザー向けの製品で、iPhoneやAndroid搭載スマートフォン、iPad、Android搭載タブレット端末をサポートしている。

 また、アップデート情報をタイムリーに送信するプッシュ通知送信機能や、アプリの作成やビルド、テストを支援する「App Cloud SDK」の提供など、充実したサービスを提供する。

 オープンスタンダードであるHTML5とWeb開発モデルをインテリジェントなクラウドサービスと組み合わせることで、アプリ開発の高速化や効果測定、インストール済みアプリの動的なアップデートが可能で、継続にパフォーマンスの最適化を図ることができる。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング