YOLPでiPhoneアプリに挑戦~最寄コンビニ案内アプリ

CodeZine / 2012年4月20日 14時0分

 連載1回目ではYOLP(Yahoo! Open Local Platform)を使ったAnrdroidアプリを、2回目ではHTML5によるWebアプリを紹介しました。連載3回目となる今回は、YOLPを活用したiPhoneアプリの作り方を解説したいと思います。

■はじめに

 YOLPで提供している「Android Map SDK」は、連載第1回目で紹介しましたが、今回は「iOS Map SDK」と、応用範囲の広いYOLP「ローカルサーチAPI」を組み合わせた利用例をご紹介します。

■アプリ概要

 今回のアプリでは、以下の機能を実装します。

現在地を取得し、現在地周辺の地図を表示する 現在地周辺のコンビニの情報を取得し、地図上にピンをたてる ピンをタップすると、ポップアップでコンビニの情報を表示する ポップアップにボタンを追加し、タップすると現在地からそのコンビニまでの道のりを表示する ■開発環境の準備

 まずは、「iOS Map SDK」を使うための事前準備を行います。

●1. iPhoneアプリ開発環境を用意

 お使いのMacにXCodeをインストールし、開発環境を設定してください。

iOS Dev Center XCodeのダウンロードには、AppleIDが必要です。 ※本稿のサンプルコードは、XCode4.3・iOS 5.0を利用して開発しています。 ●2. 「iOS Map SDK」のダウンロード

 Yahoo! デベロッパーネットワーク(以下YJDN)より、iOS MAP SDKをダウンロードしましょう。

iOS Map SDK ダウンロードが完了したら、ZIPファイルを解凍し、YMapKit.frameworkをプロジェクト内の任意の場所にコピーします。

 その他、詳しい手順が下記のURLに解説してありますので、こちらを参照してください。

iOS Map SDK - 利用準備●3. アプリケーションIDの取得

 「iOS Map SDK」とローカルサーチAPIを利用するためには、アプリケーションIDが必要です。

 すでにアプリケーションIDをお持ちの方はそちらを。アプリケーションIDが未登録の方、新しいアプリケーションIDの登録を希望する方は、以下のページを参考にアプリケーションIDを登録してください。

アプリケーションIDとは - YJDNアプリケーションIDを登録する - YJDN なお、アプリケーションIDを登録するためには、Yahoo! JAPAN IDでログインする必要があります。



■関連記事
YOLPでiPhoneアプリに挑戦~最寄コンビニ案内アプリ
RadPHP XE2で始めるモバイルアプリ開発(iOS編)
Delphiで始めるスマートフォンアプリ開発
収益最大化・アドサーバ機能に加えて独自アドネットワーク構築機能も――スマートフォン特化型広告配信SSPサービス「AdStir」の実力は?
アドネットワークの在庫切れ問題などを解決―スマートフォンアプリ/Webメディアの収益を最大化する「AdStir」

■記事全文へ

CodeZine

トピックスRSS

ランキング