インフラジスティックス、オールインワン開発パッケージ「NetAdvantage Ultimate 2012 Volume 1」を発売

CodeZine / 2012年5月15日 12時8分

 インフラジスティックスは、デザインおよびUIツールセットを備え、クロスプラットフォームのアプリケーション作成が可能なオールインワン開発パッケージ「NetAdvantage Ultimate 2012 Volume 1」を、5月15日に発売した。

 「NetAdvantage Ultimate 2012 Volume 1」には、アプリケーションで統一性のあるルックアンドフィールを実現するプラグアンドプレイグラフィックスの「NetAdvantage ICONS」、さまざまな分野のチーム間でコラボレーションやコミュニケーションができる、デザインパターンライブラリのコラボレーションツールセット「Quince Pro」を新たに搭載している。

 また、タッチ操作アプリケーションの開発や、Windows 8が採用するMetro UIスタイル、さらに「Visual Studio 2011」ベータ版に対応することで、多彩なブラウザやプラットフォーム、デバイスで使用可能なアプリケーションを開発できる。

 ほかにも、HTML5/jQueryグリッドや、DataChartと地理空間マッピング機能を備えたデータ可視化コントロール、チャート、グリッドコントロールを備え、あらゆるツールセットに対応するビジネスインテリジェンス機能など、豊富な機能を搭載している。

 価格は、Windows Forms、ASP.NET、HTML5/jQuery、Silverlight、WPF、Windows Phone、NetAdvantage ICONS、Quince Pro toolkitsを含む「NetAdvantage Ultimate」が231000円(プライオリティサポート付きは283500円)。Windows Forms、ASP.NET、HTML5/jQuery、Silverlight、WPF、Reportingツールキットを含む「NetAdvantage for .NET」は155400円(プライオリティサポート付きは207900円)。

 また、UIツールキット単体での購入も可能で、単体での価格は99750円(プライオリティサポート付きは152250円)。「NetAdvantage ICONS」は、1パック24990円、オフィスベーシックパックが19950円。いずれも税込。

 なお、「NetAdvantage」購入者は、380000以上の一般用、業界用アイコンを含む「NetAdvantage ICONSカタログ」と、5つの「Quince Pro」シートにアクセスできる。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング