課題山積のAndroidアプリ開発に ソフトウェアテストの技術で立ち向かおう

CodeZine / 2012年6月22日 14時0分

 4月28日、Androidテスト祭り実行委員の主催によるイベント「第二回Androidテスト祭り」が都内の東海大学高輪キャンパスにて開催された。そこではAndroidアプリケーション開発をターゲットに、セキュリティの確保、CI、テスト自動化、受け入れテストガイドラインなどをテーマにした講演が行われた。今回はそこでの内容のうち、特にテクニカルなコンテンツを中心にレポートする。



■Androidテスト祭りについて

 第二回Androidテスト祭りは、Android関連のソフトウェア開発におけるソフトウェアテストをテーマとしたイベントである。日本Androidの会の部会であるAndroid Test and Evaluation Club(以下ATEC)のメンバーで実行委員を結成し運営を行っている。去年行われた第一回Androidテスト祭りに続くイベントとなる。

 今回のAndroidテスト祭りは、Androidを搭載したスマートフォンが国内で爆発的に普及した背景もあり、423名もの参加申し込みがあった。その数はテストをメインテーマとするイベントとしては、一日あたりの参加者がJaSST東京(ソフトウェアテストシンポジウム東京)に次ぐ、国内二番目の規模になる。

■オープニング ~Androidテスト部とAndroidテスト祭りの概要

 イベントの冒頭に、ATECの長谷川孝二氏によるオープニングセッションが行われ、ATECおよびAndroidテスト祭りの概要と、イベントの位置づけが説明された。



 まずATECについて、2010年10月に日本Androidの会の公認の部として結成されたグループであると説明した。

 またVモデルを引き合いに出しつつ、Androidテスト祭りのテーマとして、ユニットテストやその他開発支援のためのテストなど「下層」を検討対象にしたものと、受け入れテストやシステムテストなど「上層」を検討対象にしたものの、大きく2つを挙げた。

 前回の第1回Androidテスト祭りでは「下層」を対象にし、今回は続編として「上層」を対象にしている。具体的なテーマとしては「セキュリティ」「受け入れテスト」「フラグメント対策としてのCIやリモートテスト」の3つだ。



■関連記事
UMLを使った既存システムの分析
TDDBC大阪の課題をC#でやってみる ~ クラス設計とTDD
C++11 : スレッド・ライブラリひとめぐり
PyCon JP レポート番外編 ――PyCon Taiwan 出張
課題山積のAndroidアプリ開発に ソフトウェアテストの技術で立ち向かおう

■記事全文へ

CodeZine

トピックスRSS

ランキング