コベリティ、ソフトウェアテストのスイート製品「Coverity Development Testing Platform」を発表

CodeZine / 2012年10月3日 16時40分

 コベリティは、開発段階において、重大な品質やセキュリティ上の不具合を特定し、修正するソフトウェアテスト技術の次世代総合スイート「Coverity Development Testing Platform」を、3日に発表した。

 「Coverity Development Testing Platform」は、不具合検出に関する複数の特許技術に基づいて構築した「Static Analysis Verification Engine:静的解析検証エンジン(Coverity SAVE)」を搭載。同エンジンは、コードと関数依存性を自動的にマッピングして、変更に伴う影響を受ける全コードを解析する特許出願中の「変更インパクト解析」と、品質解析の機能強化と静的ソースコードの拡大によって新しいタイプの不具合を特定し、誤検出を最小限に抑える「インテリジェントJava品質およびセキュリティ解析」によって拡張されている。

 品質やセキュリティの不具合、テスト違反、サードパーティー解析の不具合を統一されたワークフローで修正できる、高精度で実行可能な情報を提示する「修正ガイダンス」(特許出願中)を備えており、テストプラットフォームには、個々の不具合に適した精密なガイダンスを開発者に示すことで、専門知識がないユーザーによる、不具合の正しく効率的な修正を支援する。

 ほかにも、MITREから「CWE(Common Weakness Enumeration)」互換認定を受けており、さらにサードパーティーのソフトウェア解析結果を「Coverity Development Testing Platform」に統合できる。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング