入力したデータがリアルタイムに反映されるバブルチャートを実装する

CodeZine / 2012年10月19日 10時20分

ラベルの表示位置(ヘルプより抜粋)

 「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」の「C1Chart(2D)」コントロールは、バブルチャートを作成できるコントロールで、プログラム実行中でもチャートの元データを入れ替え、グラフを更新できます。また、「C1FlexGrid」コントロールはデータを行列で扱うグリッドコントロールで、行列の設定やヘッダの設定、セルのデータの入出力が容易に行えます。そこで本稿では、これら2つのコントロールを使って、入力したデータがリアルタイムにバブルチャートで表示されるアプリケーションを作成してみました。

FlexGridコントロールに入力したデータからバブルチャートを作成


■はじめに

 データを視覚化する方法にグラフがあります。といっても、グラフには多種多様なものがあり、データの表現にあったグラフを探すのには苦労します。

 このグラフの種類の一つに「バブルチャート」があります。例えば、自動車の売り上げが一番の車種と価格、売上数を輸出国別に比較したい、という場合は棒グラフや折れ線グラフのようなXYチャートでは表現できません。

 このような場合に、バブルチャートを使うとデータの比較が容易に行えます。

 「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」の「C1Chart(2D)」コントロールは、このバブルチャートを作成することができるコントロールです。プログラム実行中でもチャートの元データを入れ替えグラフを更新する機能を備えています。

 また、「C1FlexGrid」コントロールはデータを行列で扱うグリッドコントロールで、行列の設定やヘッダの設定、セルのデータの入出力が容易に行える多機能グリッドコントロールです。

 そこで、これら2つのコントロールを使ってリアルタイムにデータを入力し、そのデータをバブルチャートで表示するアプリケーションを作成してみました。

■対象読者

 Visual Basic 2005/2008/2010、またはVisual C# 2005/2008/2010を使ってプログラムを作ったことがある人。

■必要な環境

 Visual Basic 2005/2008/2010、Visual C# 2005/2008/2010、Visual Studio 2005/2008/2010のいずれかでプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムはWindows 7上で動作するVisual Studio 2010を使用して作成し、動作確認を行っています。

■プログラム実行時の注意事項

 「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」を使って作成したアプリケーションを配布する場合、「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」のアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、CLRのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。

 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次のファイルをインストールする必要があります。

サンプルファイルの実行に必要なファイル(※ .NET Framework 4でのみ利用可)
ファイル名 説明 C1.C1FlexGrid.2.dll 本体アセンブリ C1.C1FlexGrid.4.dll 本体アセンブリ(※) C1.Win.C1Chart.2.dll C1Chart 本体アセンブリ C1.Win.C1Chart.4.dll C1Chart 本体アセンブリ(※)
 このファイルを、プログラムを実行するフォルダに格納します。

 .NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0以上のバージョンの.NET Frameworkがインストールされていることが必須条件です。

■コンポーネントのインストール

 「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」を使用するには、開発環境(Visual Studio/Visual Basic/Visual C#)に、「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」をインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。

 ダウンロードしたい製品にチェックを付け[申込フォーム]ボタンを押すと、「トライアル版申込フォーム」ページに移動しますので、「個人情報の収集および使用に同意する」にチェックを入れ「同意する」ボタンをクリックします。

 トライアル申込フォームが表示されますので、必要情報を登録すると添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきます。ここからダウンロードします。ダウンロードファイルは圧縮ファイルになっていますので、解凍してインストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

●コントロールの追加

 「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」をインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。

 ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントはアセンブリ名が「C1.Win.C1FlexGrid.4」の「C1FlexGrid」コントロールと、アセンブリ名が「C1.Win.C1Chart.4」の「C1Chart」コントロールです。

追加するコントロール
コントロール アセンブリ C1FlexGrid C1.Win.C1FlexGrid.4 C1Chart C1.Win.C1Chart.4
アセンブリ名が「C1.Win.C1FlexGrid.4」の「C1FlexGrid」コントロール


アセンブリ名が「C1.Win.C1Chart.4」の「C1Chart」コントロール



CodeZine

トピックスRSS

ランキング