グレープシティ、「PlusPak for Windows Forms 7.0J」を3月13日に発売

CodeZine / 2013年2月6日 12時47分

 グレープシティは、Windowsアプリケーション開発用のUIコントロールや、Visual Studioのアドインツールをセットにした「PlusPak for Windows Forms 7.0J」を、3月13日に発売する。価格は、1開発ライセンスあたり84000円。

 「PlusPak for Windows Forms」は、「レイアウト」「UIコントロール」「情報表示」「データ出力」「設計支援」の5つの視点で、業務アプリケーションのUI設計を支援する.NET Framework用コンポーネントセット。

 「レイアウト」に関するコンポーネントでは、フォームに配置するだけですべてのコントロールをフォームのリサイズに合わせて拡大/縮小できる「リサイズコンポーネント」、内部に配置したコントロールのみを拡張する「リサイズパネル」、画面の領域をグリッド状に区切り、区切られた領域ごとに内部に配置したコントロールの拡大時/縮小時の動作を設定可能な「テーブルレイアウトコンテナ」などを収録する。

 「UIコントロール」については、仮想的なファンクションキーイメージをフォームに表示し、アプリケーションで実装した機能を任意のキーに割り当てられる「ファンクションキーコントロール」、OSが提供するキーやマウスのイベントを制御する「グローバルフック」などを収録している。

 「情報表示」では、Visual Studio標準のラベルにはない柔軟な機能を備えた「高機能ラベル」、「データ出力」では、住所や郵便番号から直接カスタムバーコードを生成できる「郵便バーコードコントロール」といったコンポーネントを収録する。

 「設計支援」に関するコンポーネントは、Visual Studioのデザインウィンドウ上でフォーム上のコントロールのプロパティを一覧可能な「プロパティリストアドイン」や、マウス操作に応じてフォーム上のコントロールの外観を動的に変更する「スタイルプラスコンポーネント」などを用意している。

 開発環境、運用環境ともに、対応OSはWindows 8/7/Vista/XP、Windows Server 2012/2008 R2/2008/2003。開発環境は、Visual Studio 2012/2010/2008 SP1に対応する。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング