AWS、アプリケーション管理ソリューション「AWS OpsWorks」を発表

CodeZine / 2013年2月20日 15時43分

 Amazon Web Services(AWS)は、プロビジョニング、設定管理、デプロイメント、監視およびアクセス制御など、複雑なアプリケーション・ライフサイクルのための管理ソリューション「AWS OpsWorks」を、19日(現地時間)に発表した。

 「AWS OpsWorks」は、「AWS Management Console」上で数回クリックするだけで起動可能で、アプリケーションのモデリング、デプロイメント、拡張、保守に必要とされるすべてのタスクを統合管理できる。

 幅広いアプリケーション・アーキテクチャや、スクリプトでインストール可能なあらゆるソフトウェアに対応しており、オープンソースのシステム統合フレームワーク「Chef」を利用しているので、現状のレシピやコミュニティが作成した設定を活用できる。

 また、イベント駆動型の設定システムと、豊富なデプロイメント・ツールを利用可能で、アプリケーション管理の効率化に対応している。さらに、デプロイメントをカスタムでき、パッチ管理、オートスケーリング、自動修復をサポートする。アプリケーションは、設定を更新してボタンをクリックするだけでアップデート可能なので、ルーチン作業の時間を削減できる。

 セキュリティグループ・テンプレートなどの規約や、デフォルト設定を重視する考え方を推進しており、あらゆるアプリケーション設定に対応しているので、一貫性を保ちながらの新インスタンス上での現状構成の再現や、全インスタンスに対する変更の実施を可能にしている。

 利用にあたって追加料金は必要なく、アプリケーションの格納や可動に必要なAWSリソースの使用料だけで使える。また、東京リージョンを含むすべてのパブリックリージョンで利用できる。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング