ランサーズ、第三者割当増資で3億円を調達しクラウドソーシング事業を強化

CodeZine / 2013年5月21日 15時23分

 ランサーズは、グロービス・キャピタル・パートナーズおよびGMO VenturePartners(GCP)を割当先とする、第三者割当増資について21日に合意し、総額約3億円を調達する。

 ランサーズは、今回調達した資金をもとに、創業の原点である「ユーザー第一でのものづくり」にこだわりながら付加価値の高いサービスを開発し、国内リーディングカンパニーとして、さらなる事業拡大と経営基盤の強化を目指す。

 同時に、ベンチャー企業の上場実績が豊富なGCPからの支援や、ベンチャー企業の事業拡大支援に強みをもつGMO-VPの支援によって、GMOインターネットグループ各社との協業可能性を模索し、新たな市場開拓を進めていく。

 また、6月1日から本社を東京都渋谷区へ移転し、同日より新オフィスでの営業を開始する。

 今後は、今回得られた増資によって、フリーランス(エンジニア、デザイナー、ライターなど)の支援強化をはじめ、子育てや家庭の事情で長時間の勤務が難しい人や未就職者、希望する職種での雇用先が見つからない地方在住者、特技やスキルを活かせる職場を見つけられない人を対象にした地域の就業機会の創出、クラウドソーシング事業のグローバル展開への準備などへの取り組みを強化していく。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング