MS、エンタープライズIT向け次期製品群を発表

CodeZine / 2013年6月4日 16時5分

 米マイクロソフトは3日(現地時間)、「TechEd North America 2013」においてエンタープライズ向けの次期ソリューション群を発表した。

 「TechEd North America 2013」では、ハイブリッドクラウド向けの主要ITソリューションとして、「Windows Server 2012 R2」「System Center 2012 R2」「SQL Server 2014」が紹介された。これらの製品は、6月後半にプレビュー版が公開され、「Windows Server 2012 R2」「System Center 2012 R2」は2013年末まで、「SQL Server 2014」はその直後のリリースを予定している。

 これらのソリューションは、仮想化、SDN(ソフトウェア定義型ネットワーク)、データストレージとリカバリ、インメモリトランザクション処理などのソリューションを、より速いペースで開発し、市場投入を行う「クラウドファースト」に基づいて開発されており、Windows Azureとつながることで、強力なハイブリッドクラウドのシナリオに、一貫性のあるプラットフォームを提供する。

 また、オンプレミスとクラウドの両方におけるエンタープライズ統合ソリューション「Windows Azure BizTalkサービス」のパブリックプレビューも発表した。

 基調講演では、「Windows 8.1アップデート」の主要なビジネス機能についても説明されており、新しいネットワーク機能は、SoC(システムオンチップ)で統合されたモバイルブロードバンド、ネイティブなMiracast無線ディスプレイ、企業プリンタとのNFC(近距離無線通信)ベースのペアリングを提供し、企業ワーカーのモバイル環境における生産性向上を目指す。

 アップデートでは、デバイスの多様化への対応、指紋ベースの生体認証、タブレット上の複数要素による認証、デバイスから安全に企業データを消去できるリモートビジネスデータ消去機能によって、企業データとアプリケーションを保護するセキュリティを強化している。

 さらに、管理機能の向上によって「Windows Intune」サポートのアップデートに加えて、「System Center Configuration Manager 2012 R2」やサードパーティのMDM(モバイル機器管理)パートナーの新規ソリューションなどに対するサポートオプションがより柔軟になった。

 「Windows 8.1アップデート」は、6月26日にサンフランシスコで開催される開発者向けコンファレンス「Build 2013」にて、パブリックプレビューがリリースされる。

 ほかにも、「Visual Studio 2013」が発表され、オンプレミスとクラウドの両方でアプリケーションのライフサイクルを改善する新機能が紹介された。「Visual Studio 2013」のプレビュー版は、「Build 2013」にあわせてまもなくリリースされる予定で、アジャイルポートフォリオ計画、開発者生産性、チームコラボレーション、品質向上、DevOps向けの新機能強化を提供する。

 また、「Microsoft Developer Network(MSDN)」サブスクライバー向けの特典として、「Visual Studio Professional」「Visual Studio Premium」「Visual Studio Ultimate」のMSDNサブスクライバーは、月額最大150ドル相当のWindows Azureプラットフォームサービスを追加費用無しで使え、一部のMSDNで提供されるソフトウェアをクラウド上で稼働できる新しい使用権が付与される。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング