プロジェクト管理のガントチャートを作成する.NETアプリケーションの作成

CodeZine / 2013年7月17日 14時0分

でき上がったプロジェクト全体のタスクスケジュール

 「ComponentOne Studio 2013J」のC1GanttViewコントロールを使って、プロジェクト管理を行うWindowsフォームアプリケーションを作成してみます。

■はじめに

 社内のプロジェクトは数が多くなると管理が大変なので、パソコンを使うのが当たり前になっています。とはいえ専用のアプリケーションソフトは数が少なく、自社専用のプロジェクト管理アプリケーションを開発するとなると大変です。

 「ComponentOne Studio 2013J」のC1GanttViewコントロールは、Microsoft Project風のプロジェクト管理機能を持ち、ガントチャートを使ってプロジェクト管理を行うことができるコントロールです。アプリケーション実行時にプロジェクトのタスクとスケジュールの設定ができるのはもちろん、工程の修正を自動的に行ったり、進捗状況やイナズマ線の表示、バーのカスタマイズなどの機能を持ち、スケジュール管理のしやすさと見やすさを実現しています。

 そこで今回は、このC1GanttViewコントロールを使ってプロジェクト管理のWindowsフォームアプリケーションを作成してみました。

アプリケーション実行時にプロジェクトのタスクスケジュールを設定できる


設定したガントチャートは自由にカスタマイズ可能


■対象読者

 Visual Basic 2010/2012、またはVisual C# 2010/2012を使ってプログラムを作ったことがある人。

■必要な環境

 Visual Basic 2010/2012、Visual C# 2010/2012、Visual Studio 2010/2012でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

OS:Windows 7 開発Tool:Visual Studio 2010、.NET Framework 4 ■サンプルプログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります(.NET Framework 4以上で利用できます)。

ファイル名 内容 C1.Win.C1GanttView.4.dll 本体アセンブリ このファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。

 また、このサンプルファイルには、サンプルのXMLデータファイル「gantt_data.xml」を同梱しています。サンプルデータを使う際は、バイナリ実行ファイルと同じフォルダにサンプルデータを入れてください。

■コンポーネントのインストール

 トライアル版は、グレープシティのWebページから申し込みできます。

 トライアル申込フォームが表示されますので、必要情報を入力して申し込むとトライアル版のダウンロード手順を記載したE-Mailが送られてきます。その手順にそってダウンロードを行ってください。また、ダウンロードファイルは圧縮ファイルになっていますので、解凍してインストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

●コントロールと参照の追加

 「ComponentOne Studio 2013J」をインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。

 ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、アセンブリ名が「C1.Win.C1GanttView.4」の「C1GanttView」コントロールです。

アセンブリ名が「C1.Win.C1GanttView.4」の「C1GanttView」コントロールを選択する


 これらのコントロールを追加すると、プロジェクトに以下のランタイムライブラリへの参照が追加されます。

ファイル 内容 C1.Win.C1GanttView.4 本体アセンブリ また、プロジェクトに以下のランタイムライブラリが追加されます。

ファイル 内容 C1.Win.C1GanttView.4.dll 本体アセンブリ なお、.NET Framework 4が必要です。



CodeZine

トピックスRSS

ランキング