「無名関数」 ~マンガでプログラミング用語解説

CodeZine / 2013年8月13日 14時0分

 この連載は、マンガで分かるプログラミング用語辞典です。気軽に読み流せるマンガと、テキストによる詳しい解説で、プログラミング未経験者がつまづきがちな専門用語・概念をやさしく読み解き、よりスムーズな学習を手助けします。市販のプログラミング入門書の副教材としてもぜひご活用ください。今回解説するのは、イベントハンドラなどで利用される名前のない関数「無名関数」です。

 この連載の読み進め方については連載第一回、解説している全用語一覧については目次ページを参照してください。


 

関数
 プログラムを整理して、見やすくする手法の1つ。処理を1か所にまとめて、他の場所から呼び出し可能にする。



イベント駆動
 あらかじめ処理を登録しておき、設定された現象が発生した際(イベントが起きた場合)に、その処理を呼び出して実行するプログラミング手法。





CodeZine

トピックスRSS

ランキング