日本オラクル、データベース・クラウド環境向けに設計された「Oracle Database 12c」を発売

CodeZine / 2013年7月17日 15時50分

 日本オラクルは、データベース・クラウド環境向けに設計された初のデータベース製品「Oracle Database 12c」の国内での提供開始を、17日に発表した。

 「Oracle Database 12c」は、新たに搭載したオプション「Oracle Multitenant(オラクル・マルチテナント)」を活用し、システムリソースの効率化を大幅に向上するとともに、統合作業の簡便化や、アップグレード作業の簡素化、パッチ適用など運用管理作業の効率化を実現している。

 新採用のヒートマップ機能を利用すれば、データの利用頻度の視覚的な把握が可能で、ポリシーを設定して、データ利用頻度によって、圧縮、アーカイブするなど最後に処理をしてからの時間を基準にデータの管理状態の変更に関するポリシーを設定できる。また、ストレージの利用率を向上、最適化し、さらに、自動化で運用管理にかかる人件費の削減を可能にする。

 セキュリティ面では、「Oracle Advanced Security」の新機能「Data Redaction」で、機密情報の閲覧可否を参照者の権限に合わせて動的に設定し、参照可能な部分のみ表示できる。また、「Oracle Database Vault」の新機能「Privilege Analysis」の提供によって、実行された情報をもとに権限の使用状況をレポート可能となり、最小権限でのデータベース運用を支援する。

 さらに、新しいデータの同期機能「Active Data Guard Far Sync」を提供し、遠隔地に配置したスタンバイ環境との間で発生するネットワーク遅延などの問題を解消している。また、ゼロ・データロスのスタンバイ環境構築を実現しており、ミッション・クリティカルなシステムにおける事業継続性を向上する。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング