「CEDEC 2013」、セッション総数は194件で35セッションを「ニコニコ生放送」と「Ustream」で中継

CodeZine / 2013年8月20日 15時10分

 コンピュータエンターテインメント協会が、21日~23日にパシフィコ横浜で開催する、コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2013(CEDEC 2013)」のセッション総数は194件(14日現在)で、このうち35件を「ニコニコ生放送」と「Ustream」で、インターネット同時中継する。

 注目セッションは、フランス人ジャーナリストによる「日本のゲームが海外に通用しない」なんてウソだ!」と、フランス人TVディレクターによる「日本のゲームでもっと遊びたい!」で、どちらも全編日本語で行われ、日本のゲームやコンテンツが海外で再び脚光を浴びるヒントが隠されている。

 ニコニコ生放送では、コルクの佐渡島庸平氏とAR三兄弟・長男の川田十夢氏による基調講演「クリエイターと社会のつなぎ方~アイディアをリアルに」をはじめ、3日間にわたって計27のセッションを同時中継する。

 Ustreamでは、ディー・エヌ・エーの小林賢治氏による「スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法」など、22日~23日に計8セッションの同時中継を行う。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング