エクセルソフト、Android上でWordドキュメントを作成・操作可能なJavaコンポーネント「Aspose.Words for Android」を発売

CodeZine / 2013年8月27日 12時40分

 エクセルソフトは、Asposeの新製品で、Android上でWordドキュメントを作成、操作できるJavaコンポーネント「Aspose.Words for Android」を、27日に発売した。

 「Aspose.Words for Android」は、さまざまなドキュメント処理のタスクを実行可能なAndroid開発者用の高度なコンポーネントを提供し、DOC/OOXML(DOCX)/RTFなどのネイティブMS Wordフォーマット、HTML、OpenDocument、PDF、EPUB、XPS、SWFやイメージフォーマットなどのファイル処理をサポートしており、MS Word対応のドキュメントを簡単に生成、編集、変換、レンダリングできる。

 読み書き可能なファイルフォーマットは、DOC、DOCX、ODT、OOXML、RTF、WordML、HTMLで、PDF、EPUB、XPS、SWF、BMP、JPEG、PNG、GIF、EMF、WMFでの保存に対応している。対応OSは、Android 2.0以降。

 価格は、「Developer Small Business Subscription」付きライセンスが125790円、「Developer OEM Subscription」付きライセンスが377580円、「Site Small Business Subscription」付きライセンスが503475円、「Site OEM Subscription」付きライセンスが1510425円。ライセンスの詳細については製品ページの「ライセンス体系」を参照のこと。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング